前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。
6年前、前立腺がんと診断され、PSA値11.8、グリーソンスコア8で他への転移はありませんでした。
4ヵ月後、カソデックスとゾラデックスのホルモン療法を開始しました。
3年後PSA値が上昇に転じ、2.0になって、再熱と言われました。
画像検査で転移がなかったため、2ヵ月後に前立腺全摘術を受けました。

1ヵ月後のPSA値は0.146でその後じょじょに上昇し、術後半年で0.65になり、再発と言われました。
オダインとゾラデックスによりホルモン療法を再開し同時に放射線治療を36回行いました。
5ヵ月後、PSA値は0.001になり1年4ヶ月安定しています。
骨粗しょう症や糖尿病などの副作用がありますが、ホルモン療法は続けたほうがいいのでしょうか?

回答 前立腺がん放射線治療後のホルモン療法はやめてみてもいい?

治療が後手に回っているきらいがありますが、PSAが下がってよかったですね。
ホルモンと放射線のどちらの治療が効いているのかわかりにくい状況です。
放射線単独でPSA値がどんどん下がってきたのなら、ほぼ完治したといえますが、ホルモン治療でもPSA値が0近くになる可能性はあります。
骨粗しょう症や糖尿病などホルモン療法特有の副作用がでていますので、放射線治療で完治したのかどうか見極めるためにホルモン治療をやめてみてもよいでしょう。

質問

ホルモン治療をやめてもいい目安は?

回答 ホルモン療法の抵抗が現れる心配がある

ここでやめてもいいという目安はありません。
医師によって考え方は違いますし、患者さんの状態もそれぞれです。
合わせて5年間のホルモン療法でそれなりの副作用がみられ、またそろそろホルモン治療に対して抵抗性が現れる心配もありますので、いったんやめてPSAと男性ホルモン値の推移を調べてもらい、それによって今後どうするか主治医と相談したらいいと思います。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑