前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。
6年前、前立腺がんと診断され、PSA値11.8、グリーソンスコア8で他への転移はありませんでした。
4ヵ月後、カソデックスとゾラデックスのホルモン療法を開始しました。
3年後PSA値が上昇に転じ、2.0になって、再熱と言われました。
画像検査で転移がなかったため、2ヵ月後に前立腺全摘術を受けました。

1ヵ月後のPSA値は0.146でその後じょじょに上昇し、術後半年で0.65になり、再発と言われました。
オダインとゾラデックスによりホルモン療法を再開し同時に放射線治療を36回行いました。
5ヵ月後、PSA値は0.001になり1年4ヶ月安定しています。
骨粗しょう症や糖尿病などの副作用がありますが、ホルモン療法は続けたほうがいいのでしょうか?

回答 前立腺がん放射線治療後のホルモン療法はやめてみてもいい?

治療が後手に回っているきらいがありますが、PSAが下がってよかったですね。
ホルモンと放射線のどちらの治療が効いているのかわかりにくい状況です。
放射線単独でPSA値がどんどん下がってきたのなら、ほぼ完治したといえますが、ホルモン治療でもPSA値が0近くになる可能性はあります。
骨粗しょう症や糖尿病などホルモン療法特有の副作用がでていますので、放射線治療で完治したのかどうか見極めるためにホルモン治療をやめてみてもよいでしょう。

質問

ホルモン治療をやめてもいい目安は?

回答 ホルモン療法の抵抗が現れる心配がある

ここでやめてもいいという目安はありません。
医師によって考え方は違いますし、患者さんの状態もそれぞれです。
合わせて5年間のホルモン療法でそれなりの副作用がみられ、またそろそろホルモン治療に対して抵抗性が現れる心配もありますので、いったんやめてPSAと男性ホルモン値の推移を調べてもらい、それによって今後どうするか主治医と相談したらいいと思います。

関連記事

no image

子宮頸がん全摘出術、再発SCC増加、化学療法?リンパ節転移なし

質問 33歳の女性です。 1年前子宮

記事を読む

no image

前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レント

記事を読む

no image

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image

アブラキサン追加ですい臓の腫瘍は縮小したが白血球が減る

すい臓がんは沈黙の臓器といわれ、若くても

記事を読む

no image

肝内胆管がん術後CA19-9腫瘍マーカー高値、他の治療法

肝内胆管がんの手術後、腫瘍マーカーが高値

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

膵臓がん手術後肝臓に転移の治療法。抗がん剤が一般的

61才の男性です。 2年3か月前、すい

記事を読む

no image

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね

記事を読む

no image

高齢者に分子標的治療薬は使わないことが多い

89歳の父は1ヶ月前に超音波検査とCTと

記事を読む

no image

子宮全摘出、子宮切除後にHPVが陽性になることはよくあること

高齢者の子宮頚部前がん病変、全摘術後もH

記事を読む

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑