膵癌で陽子線治療が非常によく効いたら化学療法は続ける?

56歳の男性です。
2年3ヶ月前に4センチ超の膵頭部癌と診断されました。
離れた臓器やリンパ節への転移はないもものの、肝臓や大腸など周囲の臓器や血管に浸潤しているステージⅣで、切除手術はできないといわれ、ジェムザールとティーエスワンによる抗がん剤治療を受けました。
治療開始の4ヵ月後から先進医療として2ヶ月間の陽子線治療を受けました。

その後、CT検査で癌はほとんどわからない程度に小さくなり、最近の検査でも変化はありません。
現在もジェムザールとティーエスワンによる抗がん剤治療を続けていますが、今後も抗がん剤治療を続けたほうがいいのか辞めてもいいのか悩んでいます。

回答 膵癌ステージⅣで陽子線治療後の治療は?

陽子線治療が非常によく効いたものと思われます。
残念ながら陽子線治療についてのまとまったデータはあまりなく、化学療法を続けるべきか辞めていいかに関して根拠に基づいたお答えをすることはできません。

一般に放射線療法や重粒子線治療、陽子線治療は局所療法ですので、他の臓器に転移している場合には適応はありません。
重粒子線治療、陽子線治療は専門の施設で先進医療として行われており、通常の保険診療で受けることはできません。

質問 消失している癌を手術してはどうか?

主治医から、画像ではほぼ消失している癌を手術してはどうか?と勧められている。

回答 追加手術すべきか病理検査の検査よって

追加手術すべきかについても根拠に基づいたお答えをするのは難しいのです。
しかしがんが完全に消失したかどうかを確認する方法は手術しかありませんので、
手術を受けた上でその病理検査の検査によってその後に抗がん剤治療を継続するかどうかの判断をすることも有力な選択肢の一つとなり打つと思います。
回答にはがん研有明病院の笹平消化器内科肝胆膵内科部長があたりました。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑