乳がん乳房温存手術後の皮膚転移の治療法は?

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 がん電話相談から 過去ログデータ

53歳の女性です。
12年前乳がんステージⅠで乳房温存手術と放射線治療を行いました。
がんの大きさは2センチ。ホルモン受容体は陰性で、HER2は3+のHER2陽性型でした。
6年後、肝臓と胸骨に転移が見つかりました。
タキソールとハーセプチンとゾメタの抗がん剤治療を5クール行った後のCTで転移は消えていました。

消失後もハーセプチンとゾメタによる治療は継続しました。
2年後、胸骨の転移が再び出現したため、放射線治療を追加し軽快しています。

その2年後、胸と胸の間の皮膚に転移が出現し、ドセタキセルを8クール行い、よくなりました。
継続中のハーセプチンとゾメタ(途中ランマークに変更)にパージェタを追加して治療しています。
最近、皮膚転移が再び大きくなってきたので切除手術をすることになっています。

これでいいのでしょうか、また次に使える薬はありますか?

乳がん乳房温存手術後の再発の治療法は?

基本的な対応の仕方として、皮膚の転移が単発で他の内臓の転移がはっきりしないのなら、手術で切除する方法もひとつの選択肢と思います。
転移のたびに薬を変えて治療すると、
内臓が悪くなったときに使うことができる薬が無くなってしまいます。

薬は無尽蔵にあるわけではないので手術や放射線、ホルモンなどを上手に使ってなるべく楽な治療で引き伸ばしていければいいと思います。

切除後にハーセプチンとパージェタだけで維持していくころができれば、比較的副作用がすくないので楽だと思います。
次に使える薬としてカドサイラという分子標的薬に抗がん剤を組み合わせた薬があります。

質問

経過観察はどのように?

回答

定期的にCTや骨シンチグラフィーで転移状況をチェックするのが必要です。

平成27年7月21日の産経新聞生活欄の癌電話相談より。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑