乳がん乳房温存手術後の皮膚転移の治療法は?

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 がん電話相談から 過去ログデータ

53歳の女性です。
12年前乳がんステージⅠで乳房温存手術と放射線治療を行いました。
がんの大きさは2センチ。ホルモン受容体は陰性で、HER2は3+のHER2陽性型でした。
6年後、肝臓と胸骨に転移が見つかりました。
タキソールとハーセプチンとゾメタの抗がん剤治療を5クール行った後のCTで転移は消えていました。

消失後もハーセプチンとゾメタによる治療は継続しました。
2年後、胸骨の転移が再び出現したため、放射線治療を追加し軽快しています。

その2年後、胸と胸の間の皮膚に転移が出現し、ドセタキセルを8クール行い、よくなりました。
継続中のハーセプチンとゾメタ(途中ランマークに変更)にパージェタを追加して治療しています。
最近、皮膚転移が再び大きくなってきたので切除手術をすることになっています。

これでいいのでしょうか、また次に使える薬はありますか?

乳がん乳房温存手術後の再発の治療法は?

基本的な対応の仕方として、皮膚の転移が単発で他の内臓の転移がはっきりしないのなら、手術で切除する方法もひとつの選択肢と思います。
転移のたびに薬を変えて治療すると、
内臓が悪くなったときに使うことができる薬が無くなってしまいます。

薬は無尽蔵にあるわけではないので手術や放射線、ホルモンなどを上手に使ってなるべく楽な治療で引き伸ばしていければいいと思います。

切除後にハーセプチンとパージェタだけで維持していくころができれば、比較的副作用がすくないので楽だと思います。
次に使える薬としてカドサイラという分子標的薬に抗がん剤を組み合わせた薬があります。

質問

経過観察はどのように?

回答

定期的にCTや骨シンチグラフィーで転移状況をチェックするのが必要です。

平成27年7月21日の産経新聞生活欄の癌電話相談より。

関連記事

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

no image

癌の手術が不安。持病で喘息 狭心症 心臓 ステント

74歳の女性です。 1年2ヶ月前、甲状

記事を読む

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image

遠くに転移する飛び散る癌の治療法、抗がん剤と免疫細胞療法

限局性の癌 腫瘍が発生した部位だけ

記事を読む

no image

肺がんは75%以上がスリガラス状、白い部分が25%以下なら転移しない癌

質問 62歳男性です。 6カ月前

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

手術しないがん治療は動注で抗がん剤と放射線

抗がん剤の動注で患部に。 宮崎県石巻氏

記事を読む

no image

乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療

記事を読む

no image

癌で残った甲状腺を摘出(補完全摘)する意味

甲状腺濾胞癌の治療法です。 質問

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑