胃潰瘍のクラス4で胃全摘術?しないと思います

公開日: : 最終更新日:2015/08/09 がん電話相談から 過去ログデータ

胃細胞診でクラス4、全摘手術(胃を全部取る手術)を勧められているが胃を取ったほうがいいの?

71歳の女性です。
15年前に胃潰瘍で手術を受けてから、半年後とに胃カメラで経過観察をしてきました。
2年半前にうけた胃内視鏡検査の細胞診でクラス4と診断されました。
そのままいくと癌になるかもしれないのでと、
ESD(内視鏡的粘膜剥離術)を行い、早期がんと言われました。

その後も胃内視鏡の検診を受けたが最近の細胞診でも5個採取したうちの1個がクラス4でした。
主治医から、「癌になってから全摘するのは大変ですし年齢のことを考えて、今のうちに胃全摘術をしましょう」と勧められました。
私の状況で胃を全部取るのが一番適した治療法なのでしょうか?

回答 癌と確定診断されるのが重要

がん細胞がおとなしい性質か、増殖しやすい性質なのかという悪性度を5段階のクラスで示しています。
クラス4はたぶんがん細胞だが、まだ癌と確定していない段階です。
胃全摘術は大変な手術ですので、クラス4の段階で手術を選択することはまれです。

癌と確定診断され、胃全摘手術が必要と判断されることが重要です。
年齢だからとか、早く手術をしたほうがいいということで全摘はしないと思います。
しかし、クラス4は限りなく癌に近いものですから、様子を見るということはないと思います。
しっかりした検査をして、きちんと診断する必要があると思います。

質問 胃を取ったら食事は?

胃を全部とったあと食事の取り方に制限はありますか?

回答 食事の取り方での慣れが必要

胃全摘術後、もっとも影響を受けるのは食事摂取に関することです。
食べてはいけないものは特にありませんが、3~6ヶ月ほどは食事の取り方での慣れが必要です。
無理をせず、回復の程度にあわせて消化のよい食品を少量づつ食べる。
食事の回数を多くするなどの工夫が必要です。
食事が減ることで体重が減ったり体力が落ちたりすることがあります。

平成27年8月4日のがん電話相談より。
今回の胃潰瘍で胃を全て取るというのは怖い選択だとわかりましたね。
メリットとリスクよく考えたいものですね。
胃全摘で認知症の記事もあわせて読みたいですね。

寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった
寝室の鳥タンパクは畑の肥料、鳥の糞!間質性肺炎の原因だった

原因不明の間質性肺炎 乾いた咳が止まらない 間質性肺炎を引き起

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300
ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調解消スペシャルよりです。

喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった
喉が渇く頻尿は血圧とカルシウムと腎機能が低い副甲状腺機能亢進症だった

頭痛の原因、お腹CTを取ったら副腎の異常だったとか、 長引く腹痛で胸

ミントタオルの作り方
ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでインフルエンザ予防になります。

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑