胃潰瘍のクラス4で胃全摘術?しないと思います

公開日: : 最終更新日:2015/08/09 がん電話相談から 過去ログデータ

胃細胞診でクラス4、全摘手術(胃を全部取る手術)を勧められているが胃を取ったほうがいいの?

71歳の女性です。
15年前に胃潰瘍で手術を受けてから、半年後とに胃カメラで経過観察をしてきました。
2年半前にうけた胃内視鏡検査の細胞診でクラス4と診断されました。
そのままいくと癌になるかもしれないのでと、
ESD(内視鏡的粘膜剥離術)を行い、早期がんと言われました。

その後も胃内視鏡の検診を受けたが最近の細胞診でも5個採取したうちの1個がクラス4でした。
主治医から、「癌になってから全摘するのは大変ですし年齢のことを考えて、今のうちに胃全摘術をしましょう」と勧められました。
私の状況で胃を全部取るのが一番適した治療法なのでしょうか?

回答 癌と確定診断されるのが重要

がん細胞がおとなしい性質か、増殖しやすい性質なのかという悪性度を5段階のクラスで示しています。
クラス4はたぶんがん細胞だが、まだ癌と確定していない段階です。
胃全摘術は大変な手術ですので、クラス4の段階で手術を選択することはまれです。

癌と確定診断され、胃全摘手術が必要と判断されることが重要です。
年齢だからとか、早く手術をしたほうがいいということで全摘はしないと思います。
しかし、クラス4は限りなく癌に近いものですから、様子を見るということはないと思います。
しっかりした検査をして、きちんと診断する必要があると思います。

質問 胃を取ったら食事は?

胃を全部とったあと食事の取り方に制限はありますか?

回答 食事の取り方での慣れが必要

胃全摘術後、もっとも影響を受けるのは食事摂取に関することです。
食べてはいけないものは特にありませんが、3~6ヶ月ほどは食事の取り方での慣れが必要です。
無理をせず、回復の程度にあわせて消化のよい食品を少量づつ食べる。
食事の回数を多くするなどの工夫が必要です。
食事が減ることで体重が減ったり体力が落ちたりすることがあります。

平成27年8月4日のがん電話相談より。
今回の胃潰瘍で胃を全て取るというのは怖い選択だとわかりましたね。
メリットとリスクよく考えたいものですね。
胃全摘で認知症の記事もあわせて読みたいですね。

関連記事

no image

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部

記事を読む

no image

前立腺がんは放射線治療より手術で治る

質問 前立腺がん、放射線治療を受けたい

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

甲状腺乳頭がんのリンパ節、再発転移する可能性

質問 甲状腺乳頭がん全摘後の再発の可能性

記事を読む

no image

膵臓がん手術後肝臓に転移の治療法。抗がん剤が一般的

61才の男性です。 2年3か月前、すい

記事を読む

no image

早期腎盂がんのレーザー手術は2回したほうがいい?

質問 腎盂管全摘術したほうがいい?

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

膵臓癌1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

膵がんステージⅣaの治療法、放射線治療やペプチドワクチン免疫療法

がん電話相談から、膵がんステージⅣa

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑