癌の手術が不安。持病で喘息 狭心症 心臓 ステント

74歳の女性です。
1年2ヶ月前、甲状線の腫れを指摘され、2ヶ月前に甲状腺の生検と超音波検査を受けて甲状腺乳頭癌と診断されました。
腫瘍の大きさは1.4センチで、主治医から「体力的には問題ありませんので、手術をしましょう」といわれました。
私は持病で喘息があり、狭心症で心臓にステントを入れているため手術を受ける自信がありません。
不安なのでできれば経過観察をしたいです。
高齢で喘息と狭心症を持っている状態で手術を受けても大丈夫でしょうか?

回答 手術をオススメする

基本的には1センチを超える甲状腺乳頭癌の治療は手術の適応です。
年齢や全身状態によって経過観察していく場合も有りますがかなり稀なケースです。
喘息や狭心症(ステント挿入)のことはよくご存知の上で「手術しましょう」という提案があったと思います。

喘息や心臓にステントを入れていることで極端に手術の合併症のリスクが高いことはないと思います。
また、74歳という年齢も現代の日本人女性の平均寿命から考えますと手術を受ける上でそんなに高齢とはいえないと思います。

年齢が高くなるほど手術のリスクも高くなりますので、比較的安全にできるときに手術をしておくということは間違った選択ではないと思います。

質問 手術しないで放置は?

手術をしないで放置した場合の経過は?

回答 やはり転移

甲状腺乳頭癌の多くは予後が良好ですが、経過観察を行い腫瘍が増大した場合、周辺臓器に浸潤をきたす可能性があります。
特に、気管や食道に浸潤した場合、血痰や嚥下困難の出現、また、反回神経(声帯を動かす神経)への浸潤により嗄声(きせい、声がかすれる)の症状が出現する可能性があります。
また、いったん合併症が出現してしまうと治療は困難なことが多く、生活の質を落とすことにもなりかねません。

平成27年7月28日火曜日産経新聞生活欄の癌電話相談より。

関連記事

no image

子宮全摘出、子宮切除後にHPVが陽性になることはよくあること

高齢者の子宮頚部前がん病変、全摘術後もH

記事を読む

no image

前立腺がんは放射線治療より手術で治る

質問 前立腺がん、放射線治療を受けたい

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

がんの分子標的治療薬でニキビ、水疱、ざ瘡、乾燥性皮膚炎、爪囲炎で痛い

がんの分子標的治療薬に皮膚障害の副作用。

記事を読む

no image

脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、肝切除2回、抗がん剤治療を続ける?

大腸がん肝転移2回、今後の抗がん剤治療は

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

パーキンソン病の介護保険で受けられるサービス

要支援 日常生活に支援が必要 要支援 

記事を読む

no image

境界悪性卵巣腫瘍の手術後管理、病理医に再度、病理診断

質問 境界悪性卵巣腫瘍の手術後管理

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑