膵臓がん手術後肝臓に転移の治療法。抗がん剤が一般的

61才の男性です。
2年3か月前、すい臓がんで膵頭十二指腸切除手術を受けました。
術後の抗がん剤治療としてTS-1を半年間服用しましたが、服用終了の半年後に
切除部に接した部位に再発が見られ、放射線治療を30回受けました。
しかし、その三か月後に肝臓に転移が見つかり、以後抗がん剤のフォルフィリノックス療法を月2回続けています。

先日受けたPET検査で肝転移はほとんど見えなくなりました。
主治医からは原発の膵臓の再手術を勧められました。
どのようにすればよろしいでしょうか?

回答 膵臓がん術後肝転移の治療法

膵臓がんの手術後は、再発を予防するためにTS1を半年服用するのが標準治療です。
しかしながら完全に再発を予防することはできません。
再発がみられた時には、一般に抗がん剤が行われます。
今回は当初、再発が切除部に接した局所のみだったので、局所治療として放射線治療が選択されましたが、肝臓に転移が出現したため、全身化学療法が選択されました。

中でも膵臓がんに対して最も効力の大きいフォルフィリノックス療法が選択されたものと思われます。
一般に転移を有する膵臓がんに対しては手術を行う意義はありません。
これは画像検査でとらえられないような小さな転移がほかにも散在していることが一般的であり、見えるものだけを切除してもいみがない、という考え方に基づいています。
抗がん剤でがんが見えなくなった場合にも基本的な考え方は変わりません。

質問

このままフォルフィリノックス療法を継続すればいいのでしょうか?

回答

フォルフィリノックス療法については認可後の期間がまだ短く、症例が少ないです。
あくまでも先駆的な状況ですので、方針については主治医とよくご相談ください。

平成27年」8月18日の産経新聞のがん電話相談からより。
膵臓がんは判明してから余命が短い病気。
まれに若い人でも発症する。若い人は見つかった時には手術ができないケースが多い。

関連記事

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

子宮頚部異形成はほっとくと治る?子宮頚部円錐切除術の後遺症

35歳の女性です。 半年前人間ドッグの

記事を読む

no image

無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定し

記事を読む

no image

早期腎盂がんのレーザー手術は2回したほうがいい?

質問 腎盂管全摘術したほうがいい?

記事を読む

no image

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね

記事を読む

no image

PSA再発とは、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇

71才の男性です。 8年前PSA値10

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

転移のある腎がんの分子標的治療薬

質問 転移のある腎がんの分子標的治療薬

記事を読む

no image

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がん

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑