高リスクがん、放射線と手術ではどちらの生存率が高い?

高リスク前立せんがんの治療法

66才男性です。
2か月前の検診でPSA値が72でした。
生検の結果10本中8本にがんがあり、グリーソンスコア(腫瘍の悪性度)は3+4=7でした。
リンパ節への転移はなく、骨や他の臓器への転移もありませんでした。
主治医から「前立せんが大きいのでホルモン治療で小さくしてから手術しましょう」と言われました。
1か月前にホルモン治療を開始、最近のPSA値は6.9まで下がりました。
この治療法でいいのでしょうか?

元気な患者さんの高リスクがんは全摘手術またはホルモン治療併用の放射線治療

転移のない前立せんがんはPSA値、グリーソンスコア、直腸指診(指を肛門に入れて触診)やMRIによる画像診断を総合して、即座に治療の必要のない低リスクがん、治療しても再発率の高い高リスクがん、その中間の中リスクがんに分類します。
PSA値20以上のがんは高リスクに分類します。

グリーソンスコア7は悪性度としては中ぐらいですが、10本中8本ががん検出ということは大きながんの存在が想定されます。
高リスクがんに対する治療をお勧めします。
元気な66歳の患者さんの高リスクがんに対して、根治治療として全摘手術またははホルモン治療併用の放射線治療が選択されます。
手術の場合には必ずしもホルモン治療を併用しませんが大きな前立せんの場合にはホルモン治療で小さくしてから手術という選択肢もあります。

質問 生存率の差

放射線と手術ではどちらの生存率が高いのでしょう。

回答 若ければ手術、高齢者ならば放射線

手術と放射線治療では10年間生存率に明確な差はありません。
ただし高リスクがんに放射線治療をする場合、ホルモン治療を併用した方がよいというデータはあります。
若ければ手術、高齢者ならば放射線を選択される傾向があります。

関連記事

no image

潰瘍性大腸炎は放射線治療の照射で悪化し穿孔を起こす恐れ

68歳男性です。 3か月前、PSA値4

記事を読む

no image

タモキシフェンで子宮筋腫が大きくなる可能性、子宮内膜症も悪化

48歳女性です。 2年三ヶ月前、左乳癌

記事を読む

no image

睾丸のがんで脳に転移、髄注で激しい頭痛やめまい

45歳の男性です。 半年前睾丸に違和感

記事を読む

no image

卵巣と子宮で同時に癌、手術後化学療法はしなくていい?

53歳の女性です。 子宮たいがんで子宮

記事を読む

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療

記事を読む

no image

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保

記事を読む

no image

浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。 3か月前に浸潤性乳

記事を読む

no image

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑