卵巣と子宮で同時に癌、手術後化学療法はしなくていい?

53歳の女性です。
子宮たいがんで子宮を全部摘出した全摘術と両側卵巣切除術を受けました。
子宮たいがんは1a期で類内膜腺がん、グレード1でした。
と同時に、術後の病理組織検査でがんが卵巣の両側にもあったことがわかりました。
主治医から「卵巣がんは1b期だったので多臓器への再発転移予防のために抗がん剤治療をしましょう」といわれました。

別の病院でセカンドオピニオンを受け、もう一度卵巣の病理組織検査をして左右それぞれが原発の類内膜腺がんで悪性度の低い境界悪性腫瘍と診断され、抗がん剤治療は必要ないといわれました。

主治医はセカンドオピニオンの結果を受け入れ、現在経過観察中です。
これでいいのでしょうか?

子宮たいがんと卵巣がんの重複で化学療法は必要?

子宮たいがんの手術後に卵巣にも癌が見つかる場合、

  • 子宮たいがんが原発で卵巣に転移
  • 卵巣がんが原発で子宮に転移
  • 両方とも原発

なのかによって手術後の経過が大きく変わります。
一般的に子宮たいがんの病理組織型が類内膜腺がんでグレード1、両側の卵巣に類内膜線がんが見られるという場合、癌が転移したのではなく、それぞれが原発の重複がんであることが多いです。
今回のように子宮たいがんが小さい1a期で両側卵巣のがんも小さい場合には重複癌である確立が高いと思います。

あなた言いましたね?責任取れますね?

抗がん剤治療を行わなくてもいいのですね?

不必要と判断できるのではないでしょうか

転移したがんや進行した癌の場合は、抗がん剤治療が必要になりますが、今回の場合にはそれぞれが原発で小さい早期のがんということですから、手術後の化学療法は不要ではないかと思います。
定期的に血液検査や腹部超音波検査、CTで経過観察をしていけばいいでしょう。

不必要と答えた医師は癌研有明病院の婦人科瀧澤先生です。
特に悪意はありません。

関連記事

no image

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

子宮頸がん全摘出術、再発SCC増加、化学療法?リンパ節転移なし

質問 33歳の女性です。 1年前子宮

記事を読む

no image

抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

記事を読む

no image

パーキンソン病、家族からの相談

患者を支える家族からの相談がよく寄せられ

記事を読む

no image

人生で1回きり?センチネルリンパ節生検

59歳の女性です。 9年前8ミリの乳が

記事を読む

no image

前立腺がん。転移がない場合に完治も期待できる放射線治療

高リスク前立腺がんで術後PSA値が上昇傾

記事を読む

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑