子宮体がんが肺に転移の治療法

65才の女性です。
13年前に子宮体がん1b期で子宮全摘と両側卵巣摘出術を受け、パクリタキセルとカルボプラチン(TC療法)の術後抗がん剤治療を6クール行いました。
4年前に子宮切除後の断端に再発したため、再度手術を受け、ドキソルビシンとシスプラチン(AP療法)を4クール行いました。
2年後リンパ節の2か所に転移し、TC療法を3クール行い効果がなかったため転移の一か所は切除手術を、もう一か所は重粒子線治療を行いました。
4か月後に右肺に8ミリの転移が見つかり胸腔鏡手術、左肺には5ミリの転移が見つかりAP療法を1クール行いました。
今後どのような状況になるのでしょうか?

再発を繰り返す子宮体がん

今回の子宮体がんは手術後9年たってから再発したこと、再発治療をはじめて4年間、開腹手術、重粒子線治療、胸腔鏡手術、化学療法などで治療をした結果、通常の生活を維持できていることはきわめて特別なことです。
たい癌はそのものの性格がこのうえなく穏やかであったと思います。

体がんの性格は、再発を繰り返すたびに悪いほうに変化し、増殖速度を速め、抗がん剤治療に対する抵抗性ができてくる可能性もあります。
子宮体がんが肺に転移すると、脳転移や骨転移など血流に生じる転移のリスクが高まります。
リンパの流れに乗って生じる転移はほとんど無症状であるのに比べ、血行性転移は不快な症状を伴いやすく、生活の質を悪くします。

今後の治療法は?

今行っているAP療法で新たな肺転移が生じなければ、再度の胸腔鏡手術を行うのがいいいでしょう。
今の抗がん剤が無効でがんの転移が増えるならば、抗がん剤に見切りをつけて慎重な経過観察を行い、脳転移、骨転移などの早期発見や治療に努めるのがいいと思います。

関連記事

no image

子宮頸がんⅡa期の治療法とⅡb期の手術合併症

質問 48歳の女性です。 子宮頸がん

記事を読む

no image

肺に転移した腎臓がんは切除して取ったほうがいいの?その後スーテント?

肺に転移した腎臓がん、摘出したほうがいい

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

がんの分子標的治療薬でニキビ、水疱、ざ瘡、乾燥性皮膚炎、爪囲炎で痛い

がんの分子標的治療薬に皮膚障害の副作用。

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

no image

前立腺がん手術後PSA上昇 ホルモン治療継続 救済照射後治癒の確認

がん電話相談から前立腺がん手術後PSA上

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

PSA値が10~20以下で前立せんがんの治療

53歳の男性です。 1年前にPSA値4

記事を読む

no image

パーキンソン病、家族からの相談

患者を支える家族からの相談がよく寄せられ

記事を読む

no image

卵巣がん再発後に5年生存できる患者の2つの特徴

74才の女性です。 3年前、左卵巣がん

記事を読む

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑