浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。
3か月前に浸潤性乳管癌の硬癌と診断され、温存手術を受け、放射線治療を35回終了しました。
癌の大きさは1センチ。リンパ節転移なし、ホルモン感受性は陽性、HER2も陽性、増殖能を示すKi67は20%、グレード悪性度は2です。
主治医から術後化学療法を勧められています。
化学療法を受けなくてはいけないのdしょうか?

術後化学療法いわゆるケモを受けるか受けないかについて、以前はしこりの大きさやリンパ節転移が歩かないかという進行度によって決められていました。
例えばがんの大きさについては2センチを超えなければ抗がん剤治療はうけなくてもいいという判断でした。

HER2陽性乳がん大きさが1センチ、術後辛く療法を受けたほうがいい

今は進行度や悪性度、さらに増殖能を示すKi67が何パーセントか、HER2が陽性かどうかなどで決められます。
特にHER2陽性乳がんの場合は大きさが1センチあれば必ず化学療法を勧められます。
心臓に問題がなければ薬物治療を受けておいた方がいいのではないでしょうか?

再発の可能性はどれぐらいでしょう?

HER2陽性タイプの乳がんはほかのタイプの乳がんと比較して性質が悪く、再発リスクは高くなります。
今回はそれほど進行していませんので、HER2陽性タイプでなければ再発リスクは10%以下です。
HER2陽性だと20%程度だと思います。

化学療法を行えばHER2陽性乳がんは薬によく反応するため、再発リスクは半分以下になります。
術後化学療法はまず、エピルビシンとシンクロホスファミドを行い、次にドセタキセルとハーセプチンを併用します。
さらにその後、ハーセプチン単独て1年間治療します。
その後にアロマターゼ阻害薬によるホルモン治療を五年間行います。

関連記事

no image

ルミナール・HER2タイプ乳がん術後治療法は?

質問 浸潤性乳管癌、全摘するか温存にする

記事を読む

no image

甲状腺がんは脳への転移を初期段階で見つけることは難しい

67才男性です。 9年前甲状腺乳頭がん

記事を読む

no image

胃潰瘍のクラス4で胃全摘術?しないと思います

胃細胞診でクラス4、全摘手術(胃を全部取

記事を読む

no image

前立腺がん手術後PSA上昇 ホルモン治療継続 救済照射後治癒の確認

がん電話相談から前立腺がん手術後PSA上

記事を読む

no image

甲状腺全摘出後に行う術後補助療法が放射性ヨード内用療法

73歳の女性です。 13年前、声が出に

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね

記事を読む

no image

抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

記事を読む

no image

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image

多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けてい

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑