浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。
3か月前に浸潤性乳管癌の硬癌と診断され、温存手術を受け、放射線治療を35回終了しました。
癌の大きさは1センチ。リンパ節転移なし、ホルモン感受性は陽性、HER2も陽性、増殖能を示すKi67は20%、グレード悪性度は2です。
主治医から術後化学療法を勧められています。
化学療法を受けなくてはいけないのdしょうか?

術後化学療法いわゆるケモを受けるか受けないかについて、以前はしこりの大きさやリンパ節転移が歩かないかという進行度によって決められていました。
例えばがんの大きさについては2センチを超えなければ抗がん剤治療はうけなくてもいいという判断でした。

HER2陽性乳がん大きさが1センチ、術後辛く療法を受けたほうがいい

今は進行度や悪性度、さらに増殖能を示すKi67が何パーセントか、HER2が陽性かどうかなどで決められます。
特にHER2陽性乳がんの場合は大きさが1センチあれば必ず化学療法を勧められます。
心臓に問題がなければ薬物治療を受けておいた方がいいのではないでしょうか?

再発の可能性はどれぐらいでしょう?

HER2陽性タイプの乳がんはほかのタイプの乳がんと比較して性質が悪く、再発リスクは高くなります。
今回はそれほど進行していませんので、HER2陽性タイプでなければ再発リスクは10%以下です。
HER2陽性だと20%程度だと思います。

化学療法を行えばHER2陽性乳がんは薬によく反応するため、再発リスクは半分以下になります。
術後化学療法はまず、エピルビシンとシンクロホスファミドを行い、次にドセタキセルとハーセプチンを併用します。
さらにその後、ハーセプチン単独て1年間治療します。
その後にアロマターゼ阻害薬によるホルモン治療を五年間行います。

関連記事

no image

医療は治療<検査<予防<予測へ 検査LOX-index

若い人からでも動脈硬化の進行具合と血管内

記事を読む

no image

オプジーボEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱い

60歳女性です。 1年半前、非小細胞が

記事を読む

no image

明細胞がんは抗がん剤が効かない性質。省略でもいい?

質問 45歳の女性です。 大きさ

記事を読む

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

no image

膵がん術後,TS-1とゲムシタビン,抗がん剤を開始の期間

質問、膵がん術後はTS-1の治療しかない

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

no image

子宮卵巣で術後化学療法をする低分化型や漿液性腺癌 4センチ以上 リンパ管 毛細血管

61歳女性です。 子宮体がんを腹腔鏡で

記事を読む

no image

寛解導入化学療法2クールを卵巣がん漿液性腺癌Ⅰa期

質問 抗がん剤治療2クールは適正?

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑