肺がんにイレッサは三か月ごとに経過、進行が遅いから

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 がん電話相談から 過去ログデータ

60才の女性です。
1年前に肺腺癌と診断されました。
左肺に3.2センチのがんと脳に一か所の転移がありました。1か月後に脳転移に対し放射線治療のガンマナイフを行い、
翌月に左肺の3分の1の切除術とリンパ節切除術を行いました。
その2ヵ月後と5か月後にも脳転移のガンマナイフの治療を受けました。

2か月前に行った肺のCTで左肺の切除断端が腫れていて右肺に数ミリの腫瘍が1個見つかり、再発の疑いと言われました。
主治医から3か月後のCTで腫瘍が大きくなっていればイレッサによる治療を検討しましょうと言われました。
再発の可能性は高いのでしょうか?
3か月の間も何も治療しなくていいのでしょうか?

左肺腺癌手術後の脳転移治療後の右肺に再発

今回、肺腺癌で手術したのに脳の三個の転移が出てきた後に肺に小さな影が出現したとすると、可能性としては再発と考えざるをえないと思います。
あなたの肺がんはイレッサの効果が期待できるタイプだと思います。

だた、イレッサをいつ始めるかについては慎重に考える必要があります。
イレッサがよく効く可能性は高いですが、一方で完治して治療が終了することはなく、治療は継続していくことになります。

また副作用がある治療ですから明らかに標的が見える形で使う方が効果を確認しながら副作用の状況もみつつ治療できます。
ゆっくり進行するタイプなので慌てて治療しなくてもいいのではないでしょうか?

通常三か月ごとに治療の様子を見ていることが多いです。
イレッサが効くタイプの肺がんではイレッサを飲みながら何年も頑張っている人は大勢いらっしゃいます。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑