肺がんにイレッサは三か月ごとに経過、進行が遅いから

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 がん電話相談から 過去ログデータ

60才の女性です。
1年前に肺腺癌と診断されました。
左肺に3.2センチのがんと脳に一か所の転移がありました。1か月後に脳転移に対し放射線治療のガンマナイフを行い、
翌月に左肺の3分の1の切除術とリンパ節切除術を行いました。
その2ヵ月後と5か月後にも脳転移のガンマナイフの治療を受けました。

2か月前に行った肺のCTで左肺の切除断端が腫れていて右肺に数ミリの腫瘍が1個見つかり、再発の疑いと言われました。
主治医から3か月後のCTで腫瘍が大きくなっていればイレッサによる治療を検討しましょうと言われました。
再発の可能性は高いのでしょうか?
3か月の間も何も治療しなくていいのでしょうか?

左肺腺癌手術後の脳転移治療後の右肺に再発

今回、肺腺癌で手術したのに脳の三個の転移が出てきた後に肺に小さな影が出現したとすると、可能性としては再発と考えざるをえないと思います。
あなたの肺がんはイレッサの効果が期待できるタイプだと思います。

だた、イレッサをいつ始めるかについては慎重に考える必要があります。
イレッサがよく効く可能性は高いですが、一方で完治して治療が終了することはなく、治療は継続していくことになります。

また副作用がある治療ですから明らかに標的が見える形で使う方が効果を確認しながら副作用の状況もみつつ治療できます。
ゆっくり進行するタイプなので慌てて治療しなくてもいいのではないでしょうか?

通常三か月ごとに治療の様子を見ていることが多いです。
イレッサが効くタイプの肺がんではイレッサを飲みながら何年も頑張っている人は大勢いらっしゃいます。

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑