肺がんにイレッサは三か月ごとに経過、進行が遅いから

公開日: : 最終更新日:2016/04/16 がん電話相談から 過去ログデータ

60才の女性です。
1年前に肺腺癌と診断されました。
左肺に3.2センチのがんと脳に一か所の転移がありました。1か月後に脳転移に対し放射線治療のガンマナイフを行い、
翌月に左肺の3分の1の切除術とリンパ節切除術を行いました。
その2ヵ月後と5か月後にも脳転移のガンマナイフの治療を受けました。

2か月前に行った肺のCTで左肺の切除断端が腫れていて右肺に数ミリの腫瘍が1個見つかり、再発の疑いと言われました。
主治医から3か月後のCTで腫瘍が大きくなっていればイレッサによる治療を検討しましょうと言われました。
再発の可能性は高いのでしょうか?
3か月の間も何も治療しなくていいのでしょうか?

左肺腺癌手術後の脳転移治療後の右肺に再発

今回、肺腺癌で手術したのに脳の三個の転移が出てきた後に肺に小さな影が出現したとすると、可能性としては再発と考えざるをえないと思います。
あなたの肺がんはイレッサの効果が期待できるタイプだと思います。

だた、イレッサをいつ始めるかについては慎重に考える必要があります。
イレッサがよく効く可能性は高いですが、一方で完治して治療が終了することはなく、治療は継続していくことになります。

また副作用がある治療ですから明らかに標的が見える形で使う方が効果を確認しながら副作用の状況もみつつ治療できます。
ゆっくり進行するタイプなので慌てて治療しなくてもいいのではないでしょうか?

通常三か月ごとに治療の様子を見ていることが多いです。
イレッサが効くタイプの肺がんではイレッサを飲みながら何年も頑張っている人は大勢いらっしゃいます。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑