白血球が少ないならティーエスワン。ジェムザール・アブラキサンが効かない場合

1年3ヶ月前にすい臓癌と診断されました。
肝臓とリンパ節に転移があり、手術や放射線療法は出来ないといわれ、ジェムザールとアブラキサンによる抗がん剤治療を行ってきました。
5ヶ月前のCTで膵臓の腫瘍は縮小したものの、肝臓への転移が大きくなり、1か月前の血液検査で、腫瘍マーカーCA19-9も1万台まで上昇したため、抗がん剤の変更を勧められました。
白血球が1800まで減少しており、ディーエスワンを勧められています。
有効な治療法について教えてください。

膵臓癌が肝臓とリンパ節に転移の治療法

膵臓癌に対する主な抗がん剤治療として、ジェムザール療法、ティーエスワン療法に加え、2年前からフォルフィリノックス療法、1年前よりジェムザール・アブラキサン療法が登場し、体力や合併疾患などの全身状態により使い分けられています。
後の2つは従来の抗がん剤と比べ、大きな治療効果が得られることが多い物の、副作用も強く出やすいため注意が必要です。

抗がん剤の副作用の一つに白血球、赤血球、血小板などの血液成分を作る働きが落ちてしまう骨髄抑制があります。
なかでも白血球減少は重篤な感染症につながる可能性があるため十分な注意が必要です。

ジェムザール・アブラキサン療法が効かない場合

全身の状態や骨髄機能などを参考に、より大きな効果を期待したフォルフィリノックス療法を行うか、より安全性を重視したティーエスワン療法を行うかになりますが、
今回は白血球がかなり少なくなっているのでティーエスワン両方を選択するのが妥当と思われます。
ティーエスワン療法でも白血球減少から重篤な感染症を併発することもありますので十分に主治医と相談してください。

平成28年3月15日の産経新聞がん電話相談より。

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑