乳癌浸潤5ミリ以下の4ミリは術後化学療法しなくていい

53才の女性です。
2か月半前に乳がんと診断されました。
非浸潤(乳管内にとどまっている)癌ですが、腫瘍の大きさが3センチちかくあるので全摘しましょうと言われ、1か月前に手術しました。
病理検査の結果、摘出した3センチのがんの端っこに4ミリの乳頭腺管癌(浸潤癌=乳管を破っている癌)がありました。ホルモン受容体陰性、HER2陽性、Ki67は30~40%でした。
主治医から、腫瘍が5ミリ以上でしたら抗がん剤治療を考えますが、4ミリでリンパ節転移もないので抗がん剤治療は不要ですといわれました。
1ミリの違いなのですが大丈夫でしょうか?

がんが見つかった大きさで治療法が決まる

3センチの非浸潤癌と4ミリの乳頭腺癌はつながっている同じがんで5ミリ以下のHER2陽性乳がんの周囲に広がっているステージ1の乳がんになります。

術後の治療法は、浸潤部分の大きさとがん細胞の性質で決めています。
浸潤が5ミリから1センチのHER2陽性乳がんでは化学療法を行うかどうかの意見がわかれています。
5ミリ以下では性質の悪いがんでもせっかく小さいうちに見つかったのだから化学療法はおこなわないというのが大多数の意見です。
しかし1センチ以上あった場合なお化学療法を行うということで意見は一致しています。

乳癌浸潤5ミリ以下の4ミリは術後化学療法しなくていい

病理検査の結果は断面だけで測定していますので本当は5ミリを超えている可能性もあります。
浸潤が5ミリを超えていたとしても化学療法を行うかどうかは議論が分かれていますし、5ミリ以下なら行わないことになってます。
今回は小さいうちに見つかっていますので90%以上再発はしません。
再発のリスクは10%以下という意味です。
今の状況ならこのまま何もせずに経過を見ていいのではないでしょうか。

平成28年3月29日の産経新聞生活ランのがん電話相談より。

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑