乳癌浸潤5ミリ以下の4ミリは術後化学療法しなくていい

53才の女性です。
2か月半前に乳がんと診断されました。
非浸潤(乳管内にとどまっている)癌ですが、腫瘍の大きさが3センチちかくあるので全摘しましょうと言われ、1か月前に手術しました。
病理検査の結果、摘出した3センチのがんの端っこに4ミリの乳頭腺管癌(浸潤癌=乳管を破っている癌)がありました。ホルモン受容体陰性、HER2陽性、Ki67は30~40%でした。
主治医から、腫瘍が5ミリ以上でしたら抗がん剤治療を考えますが、4ミリでリンパ節転移もないので抗がん剤治療は不要ですといわれました。
1ミリの違いなのですが大丈夫でしょうか?

がんが見つかった大きさで治療法が決まる

3センチの非浸潤癌と4ミリの乳頭腺癌はつながっている同じがんで5ミリ以下のHER2陽性乳がんの周囲に広がっているステージ1の乳がんになります。

術後の治療法は、浸潤部分の大きさとがん細胞の性質で決めています。
浸潤が5ミリから1センチのHER2陽性乳がんでは化学療法を行うかどうかの意見がわかれています。
5ミリ以下では性質の悪いがんでもせっかく小さいうちに見つかったのだから化学療法はおこなわないというのが大多数の意見です。
しかし1センチ以上あった場合なお化学療法を行うということで意見は一致しています。

乳癌浸潤5ミリ以下の4ミリは術後化学療法しなくていい

病理検査の結果は断面だけで測定していますので本当は5ミリを超えている可能性もあります。
浸潤が5ミリを超えていたとしても化学療法を行うかどうかは議論が分かれていますし、5ミリ以下なら行わないことになってます。
今回は小さいうちに見つかっていますので90%以上再発はしません。
再発のリスクは10%以下という意味です。
今の状況ならこのまま何もせずに経過を見ていいのではないでしょうか。

平成28年3月29日の産経新聞生活ランのがん電話相談より。

関連記事

no image

肺に転移した腎臓がんは切除して取ったほうがいいの?その後スーテント?

肺に転移した腎臓がん、摘出したほうがいい

記事を読む

no image

人工膀胱以外の選択は?前立腺がん尿管がん併発の治療法

質問 55歳の夫は1か月前、前立腺

記事を読む

no image

白血球が少ないならティーエスワン。ジェムザール・アブラキサンが効かない場合

1年3ヶ月前にすい臓癌と診断されました。

記事を読む

no image

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳

記事を読む

no image

子宮頚部異形成はほっとくと治る?子宮頚部円錐切除術の後遺症

35歳の女性です。 半年前人間ドッグの

記事を読む

no image

前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。 6年前、前立腺がんと

記事を読む

no image

子宮頸がん0期の手術後再発する確率6%

37歳の女性です。 3年半前、子宮頚部

記事を読む

no image

大きさで癌が決まる大腸カルチノイドの人工肛門を回避

質問 カルチノイドは癌? 70歳の

記事を読む

no image

ルミナール・HER2タイプ乳がん術後治療法は?

質問 浸潤性乳管癌、全摘するか温存にする

記事を読む

no image

ホルモン治療と放射線治療でPSAが2になるまで経過を見ましょう

68歳の男性です。 10年前にPSAが

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑