食道がんの再発の余命は1年程度。治療法は?

61才の男性です。
1年4か月前食道がんで開胸手術を受けました。
術後の検査でリンパ節転移が複数見つかったため、3か月後に再発予防のための抗がん剤治療、
フルオロウラシルとシスプラチンの併用療法を2クール行いました。
手術から1年後のCT検査で肩甲骨あたりから腹部まで14か所のリンパ節転移が見つかりました。
多発転移なので放射線治療は難しく、
同じ抗がん剤治療を2クール行い、リンパ節転移な全体に小さくなり効果はあったという評価でした。
現在5回目の同じ治療を受けています。
この治療法でいいのでしょうか?
治る可能性はありますか?
今後、痛みは出てくるでしょうか?

食道がん術後再発リンパ節転移の余命

基本的にはこれまでの治療経過も現在の治療も、食道がんに対する標準的な治療が行われています。
有明病院でも同じ治療方針になります。
食道がんの再発は一般的に予後不良であり、余命は再発後1年程度です。
リンパ節再発が1か所に限局している場合、手術や放射線治療で根治に至ることがありますが、
多発リンパ節転移では化学療法の根治は極めて稀です。

食道がん術後再発リンパ節転移の痛み

今後痛みが出るかどうかについては、がんの広がり方によります。
痛みが出る可能性としては、がんが神経に浸潤した場合、神経障害性の痛みが出ます。
骨転移が起こると骨の痛みが出ます。

緩和ケアは?

昔はがんに対する治療をまず行ってからがんの治療ができなくなったとき、緩和ケアに移行するという考え方でした。
最近ではがんと診断された時点からがんの治療と並行して緩和ケアを行うという考え方が一般的になっています。
予後症状などを含めて主治医の先生とよく相談してください。

平成28年4月19日の産経新聞生活欄、がん電話相談からより。

関連記事

no image

ハイリスク膀胱がんTI、G3の治療法

67才の男性です。 尿路上皮がんの生検

記事を読む

no image

がんの分子標的治療薬でニキビ、水疱、ざ瘡、乾燥性皮膚炎、爪囲炎で痛い

がんの分子標的治療薬に皮膚障害の副作用。

記事を読む

no image

早期腎盂がんのレーザー手術は2回したほうがいい?

質問 腎盂管全摘術したほうがいい?

記事を読む

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

no image

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

タモキシフェンで子宮筋腫が大きくなる可能性、子宮内膜症も悪化

48歳女性です。 2年三ヶ月前、左乳癌

記事を読む

no image

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑