食道がんの再発の余命は1年程度。治療法は?

61才の男性です。
1年4か月前食道がんで開胸手術を受けました。
術後の検査でリンパ節転移が複数見つかったため、3か月後に再発予防のための抗がん剤治療、
フルオロウラシルとシスプラチンの併用療法を2クール行いました。
手術から1年後のCT検査で肩甲骨あたりから腹部まで14か所のリンパ節転移が見つかりました。
多発転移なので放射線治療は難しく、
同じ抗がん剤治療を2クール行い、リンパ節転移な全体に小さくなり効果はあったという評価でした。
現在5回目の同じ治療を受けています。
この治療法でいいのでしょうか?
治る可能性はありますか?
今後、痛みは出てくるでしょうか?

食道がん術後再発リンパ節転移の余命

基本的にはこれまでの治療経過も現在の治療も、食道がんに対する標準的な治療が行われています。
有明病院でも同じ治療方針になります。
食道がんの再発は一般的に予後不良であり、余命は再発後1年程度です。
リンパ節再発が1か所に限局している場合、手術や放射線治療で根治に至ることがありますが、
多発リンパ節転移では化学療法の根治は極めて稀です。

食道がん術後再発リンパ節転移の痛み

今後痛みが出るかどうかについては、がんの広がり方によります。
痛みが出る可能性としては、がんが神経に浸潤した場合、神経障害性の痛みが出ます。
骨転移が起こると骨の痛みが出ます。

緩和ケアは?

昔はがんに対する治療をまず行ってからがんの治療ができなくなったとき、緩和ケアに移行するという考え方でした。
最近ではがんと診断された時点からがんの治療と並行して緩和ケアを行うという考え方が一般的になっています。
予後症状などを含めて主治医の先生とよく相談してください。

平成28年4月19日の産経新聞生活欄、がん電話相談からより。

関連記事

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

セカンドライン化学療法 子宮体癌術後の治療法

手ごわい子宮体癌術後の治療法は?

記事を読む

no image

子宮卵巣で術後化学療法をする低分化型や漿液性腺癌 4センチ以上 リンパ管 毛細血管

61歳女性です。 子宮体がんを腹腔鏡で

記事を読む

no image

寛解導入化学療法2クールを卵巣がん漿液性腺癌Ⅰa期

質問 抗がん剤治療2クールは適正?

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image

化学療法で乳房を温存しリンパ節郭清を省略できる?

質問 術前化学療法でリンパ節郭清を省略は

記事を読む

no image

高齢者に分子標的治療薬は使わないことが多い

89歳の父は1ヶ月前に超音波検査とCTと

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑