神経内分泌腫瘍NETとNECの違いは?G1~G2がNETでG3がNEC

57歳の男性です。
小腸の神経内分泌腫瘍(NET)、カルチノイドと診断されました。
カプセル内視鏡やダブルバルーン小腸内視鏡の他、各種検査を受け、回腸(小腸の一部で大腸に接続する部分)に一センチの腫瘍があり、リンパ節転移のないG2タイプでホルモンを産生するタイプでもないといわれ、手術を予定しています。
どのようなものでしょう?

NETとNECの違いは?G1~G2がNETでG3がNEC

神経内分泌腫瘍に由来する腫瘍は神経内分泌腫瘍(NET)と神経内分泌癌(NEC)があります。

NETはカルチノイドともいわれ、癌ではない、がんに似た腫瘍として扱われます。
いろいろな分類があり、大きさでの分類は、小腸では一センチ以下と一センチより大きい物の2種類に分別され、大腸では1センチ未満と1センチ以上から2センチ以下、2センチ以上と3種類に分類されています。
場所によらず、一般的に2センチを超えると悪性度が高いと言われています。
また、増殖能によりG1,G2,G3の3つの分類があり、NETはG1とG2で低~中悪性度、G3で高悪性度のNECになります。

最近では一センチ以上であれば転移などの頻度が増えるため手術した方がいいとの報告もあります。

ホルモン産生するタイプではないとは?手術は必要?

血液性化学検査で採取した血液に腫瘍から分泌されたホルモンが含まれているかどうかでわかります。
ホルモンを算出するタイプの腫瘍は、カルチノイド症候群といって、顔面紅潮などいろいろな症状が出てきます。
今回はホルモン産生するものではないと診断されていますね。
大きさが1センチでG2のNETの場合は基本的に手術が推奨される状態といえると思います。

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑