原発の肺腺がんは周囲がすりガラス状で可能性が高い

72歳の男性です。
2年前、中分化型肺がん、ステージⅢAと診断され、
胸腔鏡補助下手術で右下葉の切除とリンパ郭清術を行いました。
術後化学療法で、「シスプラチン+アリムタ」を4クール施行、
1年半後、CT検査で左肺下葉に小さい影が1個出現し、
4ヵ月後のCT検査で周りのすりガラス状の影も含めて7ミリの大きさになりました。
画像診断では新たな高分化腺がんの可能性が高いと説明され、
左下葉の区域切除、または部分切除を勧められています。
転移か原発かで治療法は違うのでしょうか。

右肺癌術後に左肺癌出現、治療法は?

今回見つかった左肺のがんは、右からの転移か、新たに発生した原発がんか、いずれの可能性もあります。
原発ならば手術による局所治療で済みます。
転移ですと今後出現する癌の最初の1個かも知れず、
今手術しても後から同様の影が出てきたら、
その時点で転移だったと判明するわけです。
切除した組織を見ても同じ腺がんの場合、転移か原発かを確認できないこともあります。

まずは転移か原発どちらの可能性が高いのか、
部分切除が簡単にできるのか、主治医に所見を確認してください。
部分切除と区域切除では手術の程度が違います。
簡単に部分切除できるなら、転移、原発いずれの場合でも診断を兼ねて切除するメリットはあると思います。
周囲がすりガラス状ということなら、原発の肺腺がんである可能性は高いと思います。

原発性肺癌なら術後化学療法は不要

手術は不安です。
手術以外の方法はありますか?
また手術した場合は術後化学療法は必要ですか?

放射線治療の選択肢があるかどうか、放射線治療医に聞かれることをお勧めします。
手術をした場合は、原発性肺癌であれば基本的に術後化学療法は不要です。

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑