PSA高値にならない前立腺がん再発は?毎年直腸診!

74歳の男性です。
10年前PSAが38、グリーソンスコア3+4=7で前立腺がんと診断されました。
カソデックスとリュープリンによるホルモン治療を開始し、その後放射線を72グレイ照射しました。
直後からPSA値は0.04に低下。
経過良好で5年後にカソデックス、その半年後にリュープリンを中止しました。
以降、半年ごとの検査ではPSA0.02前後で安定していましたが、直近の検査で0.08に上昇しました。
この数値でも半年後との検査は必要でしょうか?
1年に1度ではだめですか?

PSA高値にならない前立腺がん再発はこのように起こる

前立腺がんは乳癌とおなじく10年過ぎてからも再発するリスクがあります。
あなたのような高リスクの前立腺がんでは放射線治療にホルモン治療を2~3年併用することが勧められています。
血液中のテストステロン(男性ホルモン)の値は通常2.0ナノグラム/ミリリットル以上ですが、ホルモン注射をすると0.5以下になります。
ホルモン治療をやめれば再上昇し、それに伴いPSA値も上がります。
しかし高齢男性がホルモン治療を長く受けるとテストステロン値が回復しないことがあり、その場合がん再発があってもPSA高値を示さないことがあります。

テストステロンが低いのにPSAが上がると注意

あなたは6年近くホルモン治療を受けているので、一度PSA測定時にテストステロンを量ってみるといいと思います。
テストステロンが低いのにPSAが徐々に上がってきたら再発リスクが高くなります。
今回0.06に上昇しているので半年後に再検査したほうがいいでしょう。

他の検査は必要?

テストステロン値が正常なら、PSAが0.2を越えなければ癌再発の心配はあまりありません。
骨シンチやCTなどは必要ないでしょうが、直腸診は毎年受けてください。

関連記事

no image

PSA再発で次の治療法は放射線治療かホルモン治療

70歳の男性です。 1年前、PSA値7

記事を読む

no image

乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療

記事を読む

no image

パーキンソン病の介護保険で受けられるサービス

要支援 日常生活に支援が必要 要支援 

記事を読む

no image

膵癌で陽子線治療が非常によく効いたら化学療法は続ける?

56歳の男性です。 2年3ヶ月前に4セ

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

食道がん内視鏡手術後リンパ節転移で食道全摘する必要はあるか

がんの手術だからと言って自ら寿命を縮める

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

no image

全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断さ

記事を読む

no image

食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断さ

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑