牛肉や豚肉の食べすぎは前立腺がんの進行を早める

46歳夫は8ヶ月前、前立腺がんと診断されました。
PSA値234、グリーソンスコアは9、針生検は16本中ほぼすべてが悪性で、
PET-CT、骨シンチで多発骨転移が見られました。
ホルモン治療の「カソデックス+ゾビラックス」とランマークを併用し、
治療開始から4ヵ月後、PSA値7まで下がり、
画像診断上で骨転移の増加はありませんでした。
今後の治療法として、
1.抗がん剤(ドセタキセル)とホルモン治療の併用
2.放射線治療
3.前立腺全摘
を提案されています。
どうしたらいいでしょうか?

前立腺がんで多発骨転移、今後の治療法は?

ランマークは骨を壊す破壊細胞の働きを抑えて、骨転移の広がりや骨粗しょう症を防ぐ分子標的薬です。
ホルモン治療との併用で良好な効果が出ているようですからまずは現在の治療を続けることが大切です。
ドセタキセルについては、ホルモン療法と同時開始の併用で、生存期間を延長するという
欧米の臨床試験データが見られます。
特に広範な転移を有する患者さんに有効性が高いようです。
全身の副作用は比較的少なく、白血球の減少、脱毛と爪の変形などです。
より積極的な治療を望むなら、1の抗がん剤治療併用を選択されるされるのがいいでしょう。

原発巣に対する放射線や手術など根治療法の追加は、多発骨転移のある現状ではメリットがありません。
しかし、骨転移が著明に改善し、PSA値が0に近づくなどすれば、
ご主人が若いだけに、再燃のリスクを減らす目的で、
前立腺局所への治療を追加する意義もあろうかと思います。
ただ、照射後には直腸や膀胱からの出血、手術後には尿失禁などの副作用に悩むことがあります。

食事や生活上の注意

牛肉や豚肉の食べすぎは前立腺がんの進行を早めるというデータがあります。
魚やトマトを含む緑黄色野菜を多くとり、早歩きや軽いジョギングなどの有酸素運動でより免疫力アップを目指すことをお勧めします。

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑