すい臓がんは抗がん剤治療だけで完治しない

61才の女性です。
4ヶ月前にすい臓がんステージ3~4と診断されました。
膵頭部に2.5センチの腫瘍があり、周囲に浸潤していたため手術できないといわれ、抗がん剤治療を受けています。
当初の「ゲムシタビン+TS1」では効果が見られませんでしたが、
「ゲムシタビン+ナブパクリタキセル」に変更した後、腫瘍マーカーが正常化し、
次回のCT検査の結果がよければ手術を考えるといわれています。
手術が可能であれば行ったほうがいいのでしょうか?

すい臓がん3~4期、抗がん剤治療後の手術

診断の時点では他の臓器には転移がないものの、周囲の太い動脈に浸潤した「局所進行」膵臓がん、
とういう状況だったものと思われます。
抗がん剤がよく効いて周囲の動脈との間に隙間が得られれば、技術的には手術可能となる場合があります。
抗がん剤治療のみですい臓がんが完治することはまず無く、
いずれ効果が弱くなり、がんがお菊なる事がほとんどですので手術は完治を目指す唯一の治療法といえます。
もちろん、術後も抗がん剤治療の継続が必要な場合もあり、
その際に手術により体力が落ちすぎていると治療を再開できず最終的に予後が短くなるというリスクもあります。

今回のケースのように
抗がん剤治療により当初は手術ができないといわれたすい臓がんが手術できる状況まで改善するようになったのは最近のことです。
2~3年前から登場した「フォルフィリノックス療法」や「ゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法」の効果によるものです。
ただ抗がん剤が非常によく効いた場合に手術に移行したほうが全体として長生きに繋がるかどうかという科学的データはまだなく、
ある程度挑戦的な治療ともいえます。

関連記事

no image

高リスクがん、放射線と手術ではどちらの生存率が高い?

高リスク前立せんがんの治療法 66

記事を読む

no image

脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET

記事を読む

no image

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がん

記事を読む

no image

牛肉や豚肉の食べすぎは前立腺がんの進行を早める

46歳夫は8ヶ月前、前立腺がんと診断され

記事を読む

no image

前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レント

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね

記事を読む

no image

中リスク前立せんがんに3D-CRT(三次元原体照射)。IMRTとの違いは?

80歳の男性です。 6か月前、排尿障害

記事を読む

no image

膵臓がん手術後肝臓に転移の治療法。抗がん剤が一般的

61才の男性です。 2年3か月前、すい

記事を読む

no image

潰瘍性大腸炎は放射線治療の照射で悪化し穿孔を起こす恐れ

68歳男性です。 3か月前、PSA値4

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑