PSA再発とは、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇

71才の男性です。
8年前PSA値10.5、生検で12本中2本からがんが見つかり前立腺癌と診断されました。
グリーソンスコアは3+2=5でした。
放射線の高線量率源治療と体外照射を行い、PSA値は0.5まで下がりました。
3年前からPSA値が上昇し、25となった1年半前、MRIとPET検査をしましたが病巣は見つかりませんでした。
直近の数値は40です。
骨シンチグラフィーも異常ありません。
主治医からは生検やMRIを特に進められていませんが現状で治療は必要でしょうか?

放射線治療後のPSA再発は全身に効果あるホルモン治療が標準

低悪性度の早期がんが根治的放射線治療後に再発する可能性は低いと考えられています。
しかし、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇するとPSA再発と定義され、今後前立腺癌の進行が予想されます。
PSA値が40と高いので画像検査ではわからない微小な転移のある可能性が高く、全身的な効果があるホルモン治療を選択することが標準的です。

ホルモン治療を始めるタイミング

PSA再発だけで、画像検査で転移が無い状況でのホルモン治療の開始には副作用の兼ね合いもあり議論があります。
高悪性度のがんやPSA値が倍になる時間が半年以内の場合には早期にホルモン治療を開始しますが、現実的にはベストのタイミングは捉えにくいものです。
定期検査以外にも異常を感じたら画像検査をおすすめします。
前立腺癌の転移は骨とリンパ節が多いのですが、一番困るのが背骨に転移して足が麻痺してしまうことです。

ホルモン治療の効果で長期延命できても寝たきりの生活を余儀なくされることもあります。
いきなり下肢麻痺などになることはまれですが、足が動きにくくなるなどの症状には注意してください。

平成28年8月23日産経新聞がん電話相談からより。

関連記事

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑