乳がんホルモン受容体1%以上あれば陽性に分類

51才の女性です。
乳がんステージ1で右乳房温存手術を受けました。
腫瘍の大きさは0.7センチ、グレード3、リンパ節転移はありませんでした。
ホルモン受容体のER1~9%、PgR0%で、HER2陽性、Ki67の値は50%でした。
述語、化学療法のTC療法とハーセプチン、放射線治療を実施。
さらにホルモン治療を行うか主治医に聞かれました。
サブタイプはHER2型と思っていましたがERは低値でも要請なのでルミナルB型になるそうです。
ホルモン治療は必要でしょうか?

ER10%未満の乳がんのホルモン治療は?

乳がんのサブタイプはホルモン受容体陽性のルミナル型と陰性のHER2型やトリプルネガディブ型に大別されます。
以前はホルモン受容体10%未満は陰性とされホルモン治療の対象となりませんでしたが、
現在は1%以上あれば陽性に分類されます。

ただ、あなたの場合はPgRも陰性でホルモン陰性の通常のHER2型に近く、
化学療法とハーセプチンの併用で十分効果が期待できそうです。
そこにホルモン治療を追加するかどうかです。

一般にホルモン治療は抗がん剤治療に比べて副作用が軽く、体の負担が少ないので
ホルモン要請なら実施を検討しているのが実情です。
あなたのようにホルモン受容体が院生に近い状態ではその効果はあまり期待できません。
再発予防の補助療法として必須とはいえず、経済的に可能なら実際に1ヶ月ほど内服してみて副作用が気にならなければ
継続するようにしてもいいでしょう。

もう片方の乳がん発生予防になると聞きました。反対側にも乳がんができる確立は?

ホルモン治療は新たな乳がん発生に対して予防効果があることがわかっています。
ただ、実際にがんができるかはわかりません。
最近の統計では両側乳がんになった人は乳がん患者全体の7~8%です。

平成28年8月30日産経新聞のがん電話相談より。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑