転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。
9年前甲状腺乳頭癌で右葉切除と頚部リンパ節郭清手術を受けました。
右葉に5センチの腫瘍があり、病理分類はT4aN1aM0でした。
以来、経過観察を続けてきましたが、一ヶ月前、超音波検査で
リンパ節に7~8ミリの転移が1個見つかりました。
3ヵ月後の検診まで経過観察となりましたが何もしないのは不安です。
どのような検査が必要ですか?

甲状腺乳頭がん術後9年のリンパ節転移

まず初回治療後9年目に小さなリンパ節転移(1センチ以下1個)が見つかったことに大きな心配は要りません。
主治医の先生の指示通り定期的な経過観察を続けていくことで手遅れになるようなことは
ならないと考えます。甲状腺がんの大部分は進行がゆっくりしたおとなしいがんで
簡単にいろいろなところが飛び火しないことが特徴のひとつです。
その一方でご自身のように長期間経過観察10年以上の中で
再発やリンパ節転移が見つかるケースもありますが、
先ほどお話したようにごく小さな転移であればまず心配要りません。
当面経過を3ヶ月から半年に1回見れば十分だと思います。

8ミリの転移をすぐに手術で取るメリットは少なく、大きくなってくるかどうかを観察することが大事です。
また術後長期間経過していますのでCT、PETなどで甲状腺がんの遠隔転移先として
頻度の高い肺、骨などの転移の有無の確認は今後必須です。
また甲状腺組織が半分(左葉)残っていますが、腫瘍マーカー-Tg(サイログロブリン)値の推移は一応参考になります。

アイソトープ治療(放射性ヨードの内用治療)をする必要ない。
明らかな遠隔転移(肺・骨)がなければ今すぐに残っている甲状腺を切除の上でのヨード治療(I-131治療)に意義は無いと思います。

関連記事

減量でゼローダ単剤は副作用が少ない

減量でゼローダ単剤は副作用が少ない。仕事しながら化学療法

61歳の夫は3ヶ月前腹腔鏡下手術で大腸が

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image

膀胱がん再発、BCG注入療法は2回まで、筋層浸潤の場合は?

質問 膀胱がん再発、BCG注入療法行える

記事を読む

no image

抗がん剤治療中も働く患者が増えています

抗がん剤治療中も働く患者が増えていますね

記事を読む

no image

牛肉や豚肉の食べすぎは前立腺がんの進行を早める

46歳夫は8ヶ月前、前立腺がんと診断され

記事を読む

no image

前立腺がんは放射線治療より手術で治る

質問 前立腺がん、放射線治療を受けたい

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

治験になるには?スキルス胃がんの化学療法

予後が悪く寿命が短いスキルス胃がんの癌電

記事を読む

no image

舌癌再発の治療法は?口腔癌は抗がん剤の効果が低い

がん電話相談、平成26年5月13日より。

記事を読む

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑