がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。
左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性乳がんと診断されました。
HER2院生、ホルモン受容体はER、PgRともに陽性、Ki67の値は6%でした。
リンパ節や他の臓器への転移はありません。
半年前の術前抗がん剤治療(FEC療法4クールとドセタキセル4クール)後
の全摘術を提案されました。
セカンドオピニオンを受けたところ、
手術とホルモン治療だけですむ可能性も有るので
手術を先に行う選択もあるといわれました。

手術まで半年間も抗がん剤治療を行うのは不安です。
その間にがんは悪化しませんか?
また抗がん剤治療はどうでしょうか?

乳がんの術前抗がん剤治療は必要?

乳がんの場合、抗がん剤がよく効くので途中でがんが増大する心配はありません。
問題は抗がん剤が必要かどうかです。
以前は3センチ代の腫瘍があれば抗がん剤は必須とされました。
現在はタイプによって判断しています。
あなたの場合、ホルモン陽性でホルモン治療がよく効くタイプです。
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いおとなしいがんで、リンパ節転移もないなら抗がん剤は不要かもしれません。
先に手術を行い切除した組織を診断した笛で抗がん剤治療を行うかどうか決めるほうがよいと思います。

腫瘍が複数あるため手術は全摘となります。
術前抗がん剤治療で腫瘍が縮小しても部分切除への変更は難しく、
抗がん剤を選考するメリットはあまりありません。
少なくとも二種の抗がん剤は不要かと思われます。

リンパ節郭清をした場合は腕にむくみが出やすくなるなどの影響がでます。
リンパ節郭清をしおなければ全摘、部分切除とも美容的な問題だけです。

関連記事

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

no image
熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。 熱中症初期 めまい たちく

小葉+乳管=乳腺
乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

→もっと見る

PAGE TOP ↑