がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。
左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性乳がんと診断されました。
HER2院生、ホルモン受容体はER、PgRともに陽性、Ki67の値は6%でした。
リンパ節や他の臓器への転移はありません。
半年前の術前抗がん剤治療(FEC療法4クールとドセタキセル4クール)後
の全摘術を提案されました。
セカンドオピニオンを受けたところ、
手術とホルモン治療だけですむ可能性も有るので
手術を先に行う選択もあるといわれました。

手術まで半年間も抗がん剤治療を行うのは不安です。
その間にがんは悪化しませんか?
また抗がん剤治療はどうでしょうか?

乳がんの術前抗がん剤治療は必要?

乳がんの場合、抗がん剤がよく効くので途中でがんが増大する心配はありません。
問題は抗がん剤が必要かどうかです。
以前は3センチ代の腫瘍があれば抗がん剤は必須とされました。
現在はタイプによって判断しています。
あなたの場合、ホルモン陽性でホルモン治療がよく効くタイプです。
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いおとなしいがんで、リンパ節転移もないなら抗がん剤は不要かもしれません。
先に手術を行い切除した組織を診断した笛で抗がん剤治療を行うかどうか決めるほうがよいと思います。

腫瘍が複数あるため手術は全摘となります。
術前抗がん剤治療で腫瘍が縮小しても部分切除への変更は難しく、
抗がん剤を選考するメリットはあまりありません。
少なくとも二種の抗がん剤は不要かと思われます。

リンパ節郭清をした場合は腕にむくみが出やすくなるなどの影響がでます。
リンパ節郭清をしおなければ全摘、部分切除とも美容的な問題だけです。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑