がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。
左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性乳がんと診断されました。
HER2院生、ホルモン受容体はER、PgRともに陽性、Ki67の値は6%でした。
リンパ節や他の臓器への転移はありません。
半年前の術前抗がん剤治療(FEC療法4クールとドセタキセル4クール)後
の全摘術を提案されました。
セカンドオピニオンを受けたところ、
手術とホルモン治療だけですむ可能性も有るので
手術を先に行う選択もあるといわれました。

手術まで半年間も抗がん剤治療を行うのは不安です。
その間にがんは悪化しませんか?
また抗がん剤治療はどうでしょうか?

乳がんの術前抗がん剤治療は必要?

乳がんの場合、抗がん剤がよく効くので途中でがんが増大する心配はありません。
問題は抗がん剤が必要かどうかです。
以前は3センチ代の腫瘍があれば抗がん剤は必須とされました。
現在はタイプによって判断しています。
あなたの場合、ホルモン陽性でホルモン治療がよく効くタイプです。
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いおとなしいがんで、リンパ節転移もないなら抗がん剤は不要かもしれません。
先に手術を行い切除した組織を診断した笛で抗がん剤治療を行うかどうか決めるほうがよいと思います。

腫瘍が複数あるため手術は全摘となります。
術前抗がん剤治療で腫瘍が縮小しても部分切除への変更は難しく、
抗がん剤を選考するメリットはあまりありません。
少なくとも二種の抗がん剤は不要かと思われます。

リンパ節郭清をした場合は腕にむくみが出やすくなるなどの影響がでます。
リンパ節郭清をしおなければ全摘、部分切除とも美容的な問題だけです。

関連記事

no image

乳癌術後微小転移 リンパ節郭清は?Ki-67 ルミナールA型 ER PgR

40歳女性、左乳癌で温存手術を受けました

記事を読む

no image

肺がんは75%以上がスリガラス状、白い部分が25%以下なら転移しない癌

質問 62歳男性です。 6カ月前

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

肺がんにイレッサは三か月ごとに経過、進行が遅いから

60才の女性です。 1年前に肺腺癌と診

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

化学療法で乳房を温存しリンパ節郭清を省略できる?

質問 術前化学療法でリンパ節郭清を省略は

記事を読む

no image

PSA再発とは、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇

71才の男性です。 8年前PSA値10

記事を読む

no image

全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断さ

記事を読む

no image

リンパ漏れの原因は手術中の結紮、電気メスで凝固後の再開通

70歳の妻は2ヶ月前に卵管癌で標準手術(

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑