卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。
1年前卵巣がんステージ4と診断されました。
肝臓転移があり、抗がん剤でTC療法とDC療法を6ヶ月行ったところ、
肝臓の病巣は消失、直近のCA125の値は8.2でした。
主治医は手術のメリットはなく、CA125が上昇したら抗がん剤治療するといっています。
卵巣がんの治療は手術の併用が標準的だと聞きましたが、抗がん剤治療だけでよいのでしょうか?

卵巣がんは肝臓表面や横隔膜面にがんが播種しているときは3期、肝臓の内部に侵入したり、
転移して結節を作ったりしていれば4期となります。
抗がん剤がよく効くので4期でも5年生存率は30%ぐらいです。
3期は40~50%なので他のがん種に比べてステージによる治療成績の差が少ないです。

卵巣がん4期は抗がん剤治療だけでいい?

1~3期であれば手術と抗がん剤治療で相当程度までがんをなくせます。
4期でも肝臓転移やおなかの外に広がる転移(肺やリンパ節など)を切除できるなら
手術は有用かもしれません。
問題は治療前に4期であると、がんの浸入力、転移力が強力で
手術をしても病巣が取りきれない可能性が高いことです。

手術は患者さんの体力、免疫力を損ない、腸閉塞などの後遺症を招くこともあります。
そこで4期の卵巣がんでは抗がん剤治療を中心とする治療方針も選択されることがあります。

手術を選択できるタイミング

今回のように抗がん剤がよく効いた場合でも多くは再発します。
最後の抗がん剤治療から1年以上たってから、肝臓だけ、肺だけなど孤立性の高い再発であれば
再発部位を切除してはじめに用いた抗がん剤で治る可能性も有ります。
しかし1年未満の多発転移では抗がん剤治療をしても効果が少なく、手術も困難なケースが多くなります。

関連記事

no image

子宮卵巣で術後化学療法をする低分化型や漿液性腺癌 4センチ以上 リンパ管 毛細血管

61歳女性です。 子宮体がんを腹腔鏡で

記事を読む

no image

甲状腺がんは脳への転移を初期段階で見つけることは難しい

67才男性です。 9年前甲状腺乳頭がん

記事を読む

no image

アブラキサン追加ですい臓の腫瘍は縮小したが白血球が減る

すい臓がんは沈黙の臓器といわれ、若くても

記事を読む

no image

肝内胆管がん術後CA19-9腫瘍マーカー高値、他の治療法

肝内胆管がんの手術後、腫瘍マーカーが高値

記事を読む

no image

悪性でない子宮筋腫と卵巣腫瘍の手術しない治療法

増大する子宮筋腫と卵巣腫瘍の治療法。

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

子宮全摘出、子宮切除後にHPVが陽性になることはよくあること

高齢者の子宮頚部前がん病変、全摘術後もH

記事を読む

no image

PSA再発とは、治療後PSA値が最低値+2以上に上昇

71才の男性です。 8年前PSA値10

記事を読む

no image

がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3セン

記事を読む

no image

神経内分泌腫瘍NETとNECの違いは?G1~G2がNETでG3がNEC

57歳の男性です。 小腸の神経内分泌腫

記事を読む

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

no image
熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。 熱中症初期 めまい たちく

小葉+乳管=乳腺
乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以

no image
T3尿管癌で腎尿管全摘、補助化学療法をします

70歳の男性です。 9ヶ月前人間ドッグの尿検査で異常があり泌尿器科を

no image
腸漏れの原因は?腸から血液に細菌が流れる?

明日のたけしの健康番組、腸漏れという言葉がでてましたね。 テレビCM

→もっと見る

PAGE TOP ↑