無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」が陽性で、詳しく調べた所PET検査で頚部にしこりが見つかりました。
甲状腺専門医を受診し、超音波検査と細胞診の結果、大きさ6ミリの甲状腺乳頭癌と診断されました。
リンパ節などへの転移はありません。
主治医から手術を勧められていますが娘は手術したくないと言っています。
経過観察でもいいでしょうか?

大きさ1センチ以下の甲状腺乳頭癌は手術しなくていい?

乳頭癌は甲状腺がんの中でも最も多く90%以上をしめます。
最近では健診などにより自覚症状がない段階で発見されるケースが増えていますが、
その多くは命にかかわる化膿性がほとんどないおとなしい癌です。

特に大きさが1センチ医科の乳頭癌を微小乳頭癌と予備、明らかなリンパ節転移や他臓器(肺など)への転移のない、いわゆる無症候性微小乳頭癌に対してはすぐの手術ではなく、
経過観察も十分治療の選択肢となりえます。
経過観察では半年から1年毎に腫瘍の大きさ(組織量)やリンパ節転移、遠隔転移の有無をチェックして腫瘍が大きくなり周辺臓器(反回神経・気管など)への浸潤を懸念する場合、あるいは大きさは変わらなくても
リンパ節転移の出現を認めた場合に手術を行うという考え方です。

今の状況でも今後転移する可能性は有りますか?

2~3%の患者さんでは経過観察中に腫瘍が大きくなったり、甲状腺の周りにリンパ節転移が出現したりすることがあります。
ただし定期てkな経過観察をしていればその時点で手術することで手術の合併症が多くなったり生命予後がわるくなったりすることはないと考えます。
手術もしくは経過観察治療のそれぞれのメリット・デメリットを主治医の先生とよくご相談の上納得がいく選択ができる状況と思います。

平成29年5月30日産経新聞生活欄、癌電話相談より。

関連記事

no image

中間リスク群で骨髄移植するべき?兄弟間でHLA一致

質問 中間リスク群で骨髄移植するべき?

記事を読む

no image

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がん

記事を読む

no image

大腸がん肝転移、肝切除2回、抗がん剤治療を続ける?

大腸がん肝転移2回、今後の抗がん剤治療は

記事を読む

no image

膀胱がん再発、BCG注入療法は2回まで、筋層浸潤の場合は?

質問 膀胱がん再発、BCG注入療法行える

記事を読む

no image

背中の痛みで甲状腺機能亢進症で甲状腺がん TSH

66歳の女性です。 3年前背中の痛みで

記事を読む

no image

前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつま

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

胃潰瘍のクラス4で胃全摘術?しないと思います

胃細胞診でクラス4、全摘手術(胃を全部取

記事を読む

no image

卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステ

記事を読む

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

横向き、右向き、うつ伏せ寝は隠れ誤嚥性肺炎のもと
横向き、右向き、うつ伏せ寝は隠れ誤嚥性肺炎のもと

40代でもかかった誤嚥性肺炎。 隠れ誤嚥とは? 誤嚥は食事

亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退
亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退

亜鉛は腸管から30%しか吸収されない。 70%は体外、汗などで流

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑