無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」が陽性で、詳しく調べた所PET検査で頚部にしこりが見つかりました。
甲状腺専門医を受診し、超音波検査と細胞診の結果、大きさ6ミリの甲状腺乳頭癌と診断されました。
リンパ節などへの転移はありません。
主治医から手術を勧められていますが娘は手術したくないと言っています。
経過観察でもいいでしょうか?

大きさ1センチ以下の甲状腺乳頭癌は手術しなくていい?

乳頭癌は甲状腺がんの中でも最も多く90%以上をしめます。
最近では健診などにより自覚症状がない段階で発見されるケースが増えていますが、
その多くは命にかかわる化膿性がほとんどないおとなしい癌です。

特に大きさが1センチ医科の乳頭癌を微小乳頭癌と予備、明らかなリンパ節転移や他臓器(肺など)への転移のない、いわゆる無症候性微小乳頭癌に対してはすぐの手術ではなく、
経過観察も十分治療の選択肢となりえます。
経過観察では半年から1年毎に腫瘍の大きさ(組織量)やリンパ節転移、遠隔転移の有無をチェックして腫瘍が大きくなり周辺臓器(反回神経・気管など)への浸潤を懸念する場合、あるいは大きさは変わらなくても
リンパ節転移の出現を認めた場合に手術を行うという考え方です。

今の状況でも今後転移する可能性は有りますか?

2~3%の患者さんでは経過観察中に腫瘍が大きくなったり、甲状腺の周りにリンパ節転移が出現したりすることがあります。
ただし定期てkな経過観察をしていればその時点で手術することで手術の合併症が多くなったり生命予後がわるくなったりすることはないと考えます。
手術もしくは経過観察治療のそれぞれのメリット・デメリットを主治医の先生とよくご相談の上納得がいく選択ができる状況と思います。

平成29年5月30日産経新聞生活欄、癌電話相談より。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑