脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌がみつかりステージⅠaの肺腺がんと診断されました。
上葉切除術を行い予防的に抗癌剤UFTを1年間服用。
1年半前MRIで右前頭葉に1センチの転移が見つかり、ガンマナイフを実施しました。
半年前に突然けいれんを起こして救急車で搬送。
脳転移が2.3センチまで大きくなっており、緊急手術しました。
その後、髄膜播種が見つかりサイバーナイフを実施。
全脳照射も検討しています。
痙攣発作を繰り返し現在は足の麻痺がでて動けません。
今後どのような治療法がありますか?

肺がん術後、脳転移で再発

肺がん術後に脳転移で再発した場合、まずはサイバーナイフ、ガンマナイフなどでピンポイント放射線照射で脳転移を抑えていく治療となります。
しかし一箇所でも転移がでたということは、今後他にもでてくる可能性が高いので全身の治療を考えることも必要です。
抗癌剤は目に見えない微小ながんを抑えることを期待して使用します。

脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

脳は脳組織と血管との間に障壁があり、抗癌剤が行き渡りにくいと言われますが、実際使ってみて効く場合も有ります。
特にEGFR,ALKなどの遺伝子異常がある患者さんにはそれらの阻害剤(経口剤)の効果が期待でき、脳転移にも効果が期待できます。
癌の遺伝子異常を調べてみることを勧めます。

全脳照射は画像では見えない癌にも放射線をかけて治療するという考え方ですが、脳全体に当てると認知機能低下などのダメージを起こすことも有ります。
ただし治療後にすぐに認知症になるわけではありません。

抗けいれん薬と脳浮腫軽減のためのステロイド併用は問題ない?

髄膜播種が有る場合痙攣発作を起こすことがよくあるので抗けいれん薬はつづけることをおすすめします。

関連記事

no image

早期腎盂がんのレーザー手術は2回したほうがいい?

質問 腎盂管全摘術したほうがいい?

記事を読む

no image

治験になるには?スキルス胃がんの化学療法

予後が悪く寿命が短いスキルス胃がんの癌電

記事を読む

no image

卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステ

記事を読む

no image

胃潰瘍のクラス4で胃全摘術?しないと思います

胃細胞診でクラス4、全摘手術(胃を全部取

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

no image

PSA高値にならない前立腺がん再発は?毎年直腸診!

74歳の男性です。 10年前PSAが3

記事を読む

no image

膵臓がん手術後肝臓に転移の治療法。抗がん剤が一般的

61才の男性です。 2年3か月前、すい

記事を読む

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入
下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治る治療が紹介されていました。

no image
抗癌剤TS-1と喘息との関係は?

67歳の夫は4ヶ月前、胃がんのため胃亜全摘術を受けました。 リンパ節

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。 たとえ作

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位
膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌は膵臓の外に広がって動脈にも転

no image
脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌が

→もっと見る

PAGE TOP ↑