癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 がん電話相談から 過去ログデータ

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉切除術を行いましたが、胸水にがん細胞が検出され、ステージ4と診断されました。
術後化学療法で「カルボプラチン+アリムタ」6コース終了後、
維持療法としてアリムタのみ続行しましたが、感染症のため5コースで休止しています。
CT、MRI検査では再発転移なく、現在経過観察中です。
このままアリムタを中止したままでいいのか不安です。

肺がん4期、維持療法(薬物)の抗癌剤を再発すべきか?

肺がんの再発予防を目的とする術後補助化学療法は、カルボプラチン(プラチナ系薬剤)+1剤で4コースが通常です。
もし再発したら、そのとき改めて治療を開始します。

一方、転移がある4期の場合は
手術をせずに「カルボプラチン+アリムタ」であれば6コース程度行い、その後もアリムタを癌の増大が抑えられる限り続けます。
しかし感染症の他にも足の浮腫などの副作用が出て、長期的に続けるのが難しいことが有ります。

ご主人は手術時の胸水にがんが含まれているため微細な癌が体に残っている4期となります。
目に見える癌はないのでアリムタの効果を確認できません。
再発リスクはありますが、これまでにやれることはやっており、効果が見えない状態でこのままアリムタを続けるメリットより、デメリットのほうが大きいので続けることはおすすめしません。

EGFR遺伝子変異が陽性ならイレッサ

今後経過によってイレッサを検討すると言われています。
EGFR遺伝子変異が陽性であれば再発したとしてもイレッサなどの分子標的薬の効果が期待できます。
完治は難しいですが、癌の進行を抑えることは期待できるので長期生存できる可能性もあります。
ですから現時点であまり心配しなくても良いと思います。

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑