リンパ漏れの原因は手術中の結紮、電気メスで凝固後の再開通

70歳の妻は2ヶ月前に卵管癌で標準手術(子宮と両側の卵巣卵管及び大網の切除)を受けました。
リンパ節転移が多数あり、リンパ節を115個切除。ステージIIIaの漿液性腺癌の診断で術後化学療法でTC療法(パクリタキセル+カルボプラチン)を行っています。
術後からリンパ液が腹部に漏れて止まらず、苦しんでいます。
主治医からは様子を診るしか無いといわれていますが対処方法はないでしょうか?

卵管癌標準治療後にリンパ液漏れが止まらない

卵巣がん、卵管癌の手術において、骨盤、傍大動脈リンパ節郭清は、手術部位がお腹全体に拡大され、
手術時間も長くかかるため、術後合併症が多くなります。
代表的なものは腸閉塞とリンパ漏れです。

リンパ漏れは手術後1ヶ月の時点で経腟超音波検査を行うと、量の多少はともかく100%近くにみられますが、大量のリンパ液貯留は5~10%です。
特にリンパ節転移が複数陽性であると、この頻度はより高確率です。
リンパ漏れの原因は、手術中に結紮(糸で縛る)、電気メス(焼灼術)で凝固するなどしたはずのリンパ管の再開通です。

リンパ管が自然に閉じない場合は?

大量のリンパ漏れがあっても大部分は3ヶ月程度のうちに減少しますが、1~2%は3ヶ月たっても治まらず、腹部膨満感、食欲低下、そして早期再発したのではないかという不安に悩みます。
さらに脱水、栄養不良、足のむくみ、また血栓症の発症など重症化するので、2~3週間ごとに腹壁を穿刺してリンパ液を排出します。
通雨情は三ヶ月ぐらいの間に、貯留するリンパ液の腹圧でリンパ管は自然に閉塞して事なきを得ます。

極めて稀なことですが、4ヶ月以上経つのに改善しない場合はリンパ漏れのあるリンパ管を同定しそれを再回復して結紮することも有ります。

平成30年2月20日火曜日の産経新聞生活欄、癌電話相談より。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑