原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。
数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、
4ヶ月前、ヘモグロビン8.8g/dlで造影CTと内視鏡検査を受けましたが異常は診られず骨髄穿刺を行いました。
免疫グロブリンIgMは1375mg/dlで原発性マクログロブリン血症と診断されました。
直近の検査ではHb値8.9、血小板数43万マイクロリットルです。
主治医から抗癌剤の治療を勧められていますが治療を始めたほうがいいのでしょうか?

原発性マクログロブリン血症の治療開始時期は?

原発性マクログロブリン血症は悪性リンパ腫の一種です。
IgMが3000以上になると血液の粘り気が強くなる過粘稠症候群が起こりやすくなります。
しかし初期の頃はあまり症状がありません。
貧血(Hb値10未満)、血小板減少(10万未満)、寝汗、体重減少、リンパ節腫大、脾腫(脾臓の腫大)など疾患に関連した症状が出てきたら治療を開始します。
あなたの場合、Hb値が10を切っていますので治療の対象になります。
ただしこれは骨髄中に腫瘍があってのことなのか、溶血による貧血なのかを調べた上で治療するかどうか決めたほうがいいでしょう。

原発性マクログロブリン血症にはどのような抗癌剤がありますか?治療効果は?

抗癌剤1種類を使う治療法と、複数使う治療法があり、代表的なものは「リツキサン+トレアキシン」併用療法です。
原発性マクログロブリン血症は治療しない人も合わせると、平均的な予後は5年以上だと言われています。
「リツキサン+トレアキシン」治療の奏効率は約95%で再発せずに生存する期間の中央値(無増悪生存期間中央値)は69.5ヶ月です。
ただしこれは臨床試験の結果でここの患者さんに当てはまるわけではありません。

産経新聞平成30年2月27日の生活覧、癌電話相談よりです。

関連記事

no image

多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けてい

記事を読む

no image

背中の痛みで甲状腺機能亢進症で甲状腺がん TSH

66歳の女性です。 3年前背中の痛みで

記事を読む

no image

肺がんにイレッサは三か月ごとに経過、進行が遅いから

60才の女性です。 1年前に肺腺癌と診

記事を読む

no image

前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。 6年前、前立腺がんと

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

甲状腺乳頭がんのリンパ節、再発転移する可能性

質問 甲状腺乳頭がん全摘後の再発の可能性

記事を読む

no image

ルミナール・HER2タイプ乳がん術後治療法は?

質問 浸潤性乳管癌、全摘するか温存にする

記事を読む

no image

悪性でない子宮筋腫と卵巣腫瘍の手術しない治療法

増大する子宮筋腫と卵巣腫瘍の治療法。

記事を読む

no image

卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑