PSA値が10~20以下で前立せんがんの治療

53歳の男性です。
1年前にPSA値4.3で生検を受け、8本中3本からがんが見つかりました。
グリーソンスコアは3+2=5でしたが、通常の病理検査では診断が困難で、免疫染色体検査をして、前立せんがんと判明しました。
主治医から「おとなしいがんなので様子を見ましょう」と言われ、3か月に1回採血をしてPSA監視療法を行っています。
PSA値はずっと4前後です。今後どのように治療を続ければいいですしょうか?

回答 低リスクで即座に根治治療はおすすめしない

53歳で低リスクの前立せんがんですので、即座に根治療法を行うのは治療による障害(手術後の尿漏れや性機能障害、放射線治療後の出血)の可能性もあり、推奨されません。
PSA監視療法がいいでしょう。
ただし、1年前に生検を受けていますが、1回の生検では、悪性度の高いがんを見逃している可能性があります。
再検査を受けることをお勧めします。
再検査の結果、グリーソンスコアの高いがんが見つかれば根治治療の適応になると思われます。
悪性度の高いがんが見つからなければ、PSA監視療法を続けます。

質問 低リスク前立せんがんの今後の治療法は?

PSA値がどのくらいになったら治療開始になりますか?

回答 PSA値が10~20以下で前立せんがんの治療

PSA値は前立せんがんだけで高くなるわけではなく、前立せん肥大症でも高値を示しますので具体的な数値は決められません。
PSAの動きは早期がんではあまりあてにならないこともあります。

おおざっぱな目安としてPSAの値が3年以内に倍になると治療しているという報告もあります。
根治治療を行うのなら、PSA値が10~20以下で行いたいですhね。
低リスクがんでは10んえにゃ15年で前立せんがんが原因で命を落とす可能性はかなり低いのでしっかり経過観察を続けてください。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑