PSA再発で次の治療法は放射線治療かホルモン治療

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 がん電話相談から 過去ログデータ

70歳の男性です。
1年前、PSA値7.8で生検を受け、14本中6本から癌が検出され、前立腺がんと診断されました。
ホルモン療法のゾラデックスを1回注射した後、前立腺全摘術を行いましたが、切除断端に1~2ミリの癌が露出していました。

「断端が陽性なのでPSA値が2を超えるまで様子をみましょう」といわれました。
手術直後のPSAは0.005、その後3ヶ月ごとに測定、徐々に上昇していて最近は0.9でした。
主治医は「まだ再発という段階ではない」といっています。
次の受診日である3ヵ月後まで無治療のままで大丈夫でしょうか。

回答 前立腺全摘術後PSA再発で次の治療法は

いわゆるPSA再発という状態で、全摘標本の切除断端に癌が顔をだしていたのですね。
今のPSA値はとびきり高いわけではありませんが、
放射線治療を追加するのであればPSAが1.0以下、出来れば0.5未満で始めることが勧められています。
主治医の先生は2.0を超えたら治療を始めるという方針をお持ちのようですから、
きっとホルモン治療の追加を考えておられるのでしょう。

質問

次の治療法はどのようなものですか?

回答 次は放射線治療かホルモン治療

今後の治療は、放射線治療かホルモン治療です。
前立腺摘出部分近辺の再発であれば放射線ですが、転移があると考えればホルモンとなります。
判定にはPSAの上昇速度(倍加時間)が重要で、数値が倍になるのが数ヶ月以内であれば転移、1年以上とゆっくりであれば局所再発の可能性が高くなります。
骨盤部のMRIと骨シンチを行ってみてはどうでしょうか?

どちらの治療にするかを決めるためには生検と全摘手術の病理標本を持ってセカンドオピニオンを受け、専門の先生に相談したほうがいいですね。
病理検査の試験片は検査室などがプレパラートに乗った状態で貸してくれます。
貸し出しレントゲンフィルムと同じ感じです。
病院に頼めば貸してくれますよ。

平成27年8月11日の産経新聞、癌電話相談より。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑