PSA再発で次の治療法は放射線治療かホルモン治療

公開日: : 最終更新日:2015/08/13 がん電話相談から 過去ログデータ

70歳の男性です。
1年前、PSA値7.8で生検を受け、14本中6本から癌が検出され、前立腺がんと診断されました。
ホルモン療法のゾラデックスを1回注射した後、前立腺全摘術を行いましたが、切除断端に1~2ミリの癌が露出していました。

「断端が陽性なのでPSA値が2を超えるまで様子をみましょう」といわれました。
手術直後のPSAは0.005、その後3ヶ月ごとに測定、徐々に上昇していて最近は0.9でした。
主治医は「まだ再発という段階ではない」といっています。
次の受診日である3ヵ月後まで無治療のままで大丈夫でしょうか。

回答 前立腺全摘術後PSA再発で次の治療法は

いわゆるPSA再発という状態で、全摘標本の切除断端に癌が顔をだしていたのですね。
今のPSA値はとびきり高いわけではありませんが、
放射線治療を追加するのであればPSAが1.0以下、出来れば0.5未満で始めることが勧められています。
主治医の先生は2.0を超えたら治療を始めるという方針をお持ちのようですから、
きっとホルモン治療の追加を考えておられるのでしょう。

質問

次の治療法はどのようなものですか?

回答 次は放射線治療かホルモン治療

今後の治療は、放射線治療かホルモン治療です。
前立腺摘出部分近辺の再発であれば放射線ですが、転移があると考えればホルモンとなります。
判定にはPSAの上昇速度(倍加時間)が重要で、数値が倍になるのが数ヶ月以内であれば転移、1年以上とゆっくりであれば局所再発の可能性が高くなります。
骨盤部のMRIと骨シンチを行ってみてはどうでしょうか?

どちらの治療にするかを決めるためには生検と全摘手術の病理標本を持ってセカンドオピニオンを受け、専門の先生に相談したほうがいいですね。
病理検査の試験片は検査室などがプレパラートに乗った状態で貸してくれます。
貸し出しレントゲンフィルムと同じ感じです。
病院に頼めば貸してくれますよ。

平成27年8月11日の産経新聞、癌電話相談より。

関連記事

no image

甲状腺全摘出後に行う術後補助療法が放射性ヨード内用療法

73歳の女性です。 13年前、声が出に

記事を読む

no image

膵がん手術後、腫瘍マーカーCA19-9上昇でTS-1治療の中止

質問 腫瘍マーカーCA19-9が抗がん剤

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。 前立せんがん全摘出

記事を読む

no image

オプジーボEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱い

60歳女性です。 1年半前、非小細胞が

記事を読む

no image

人工膀胱以外の選択は?前立腺がん尿管がん併発の治療法

質問 55歳の夫は1か月前、前立腺

記事を読む

no image

卵巣明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい?

質問 明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい

記事を読む

no image

乳がんホルモン受容体1%以上あれば陽性に分類

51才の女性です。 乳がんステージ1で

記事を読む

no image

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保

記事を読む

no image

子宮体がんⅠa期 術後の補助化学療法 TC療法をおすすめ

質問 52歳女性です。1ヶ月前、子宮体

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑