前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつまでできる?

70歳の男性です。
3年3ヶ月前、前立腺がんと診断されました。
PSA値8.3、グリーソンスコアは7で進行度はT2aN0M0、針生検の結果、8本中4本からがんが見つかりました。
PSA監視療法で経過を見てきましたが、ここ1年でPSA値が9~12に上がりました。
また、3ヶ月前に肺腺癌が見つかり切除手術を行いました。
術後化学療法としてUFT(ユーエフティカプセルなど)を2年間服用することを勧められ、1ヶ月前から服用しています。

本来肺がんとわかる前に前立腺がんに対してIMRT(腫瘍に集中照射する強度変調放射線治療)による放射線治療を行うことになっていました。
肺癌が見つかったため、放射線と抗がん剤の併用は副作用があるので避けたほうがいいといわれ、まず肺癌の治療を行うことになりました。
PSA監視療法はPSAがいくつになるまで続けられるのでしょう?

回答 再検することを勧めます

UFTは放射線増感作用があるのでIMRTと副作用の点から併用しないほうがいいですね。PSA監視療法の欧米での基準は、3年で倍となっています。
しかし、PSAの値が急に上がっていますのでもう一回測定して判断したほうがいいでしょう。
低下していれば様子を見ることも出来ます。

経過を見続けるのであれば、再検することを勧めます。
診断時の針生検では8本しかとっていませんし、時間も経過していますので、MRIを取って画像を確認してから10~12本以上取ることを勧めます。
PSA値が上昇していればUFT治療が終わるまでホルモン治療で進行を抑え、終了後IMRTを行う方法もあります。

質問 2型糖尿病患者

私は糖尿病なのですが

回答

糖尿病の方でホルモン治療を行っている人は結構います。
ホルモン治療による糖尿病悪化の可能性はありますので今までより節制が必要となります。

平成27年3月31日の癌電話相談から、回答には癌研有明病院の米瀬泌尿器科部長があたりました。

関連記事

no image

卵巣明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい?

質問 明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

メタボ肝がんAST GOTが40以上糖尿病を合併 脂肪肝 肝炎 肝硬変

メタボ肝がんについての詳細情報です。

記事を読む

no image

転移のある腎がんの分子標的治療薬

質問 転移のある腎がんの分子標的治療薬

記事を読む

no image

タモキシフェンで子宮筋腫が大きくなる可能性、子宮内膜症も悪化

48歳女性です。 2年三ヶ月前、左乳癌

記事を読む

no image

遠くに転移する飛び散る癌の治療法、抗がん剤と免疫細胞療法

限局性の癌 腫瘍が発生した部位だけ

記事を読む

no image

頑固な悪性リンパ腫の化学療法、治療法の種類

質問 治療経過は適正でしょうか 5

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌

記事を読む

no image

卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑