前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつまでできる?

70歳の男性です。
3年3ヶ月前、前立腺がんと診断されました。
PSA値8.3、グリーソンスコアは7で進行度はT2aN0M0、針生検の結果、8本中4本からがんが見つかりました。
PSA監視療法で経過を見てきましたが、ここ1年でPSA値が9~12に上がりました。
また、3ヶ月前に肺腺癌が見つかり切除手術を行いました。
術後化学療法としてUFT(ユーエフティカプセルなど)を2年間服用することを勧められ、1ヶ月前から服用しています。

本来肺がんとわかる前に前立腺がんに対してIMRT(腫瘍に集中照射する強度変調放射線治療)による放射線治療を行うことになっていました。
肺癌が見つかったため、放射線と抗がん剤の併用は副作用があるので避けたほうがいいといわれ、まず肺癌の治療を行うことになりました。
PSA監視療法はPSAがいくつになるまで続けられるのでしょう?

回答 再検することを勧めます

UFTは放射線増感作用があるのでIMRTと副作用の点から併用しないほうがいいですね。PSA監視療法の欧米での基準は、3年で倍となっています。
しかし、PSAの値が急に上がっていますのでもう一回測定して判断したほうがいいでしょう。
低下していれば様子を見ることも出来ます。

経過を見続けるのであれば、再検することを勧めます。
診断時の針生検では8本しかとっていませんし、時間も経過していますので、MRIを取って画像を確認してから10~12本以上取ることを勧めます。
PSA値が上昇していればUFT治療が終わるまでホルモン治療で進行を抑え、終了後IMRTを行う方法もあります。

質問 2型糖尿病患者

私は糖尿病なのですが

回答

糖尿病の方でホルモン治療を行っている人は結構います。
ホルモン治療による糖尿病悪化の可能性はありますので今までより節制が必要となります。

平成27年3月31日の癌電話相談から、回答には癌研有明病院の米瀬泌尿器科部長があたりました。

関連記事

no image

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳

記事を読む

no image

がんの分子標的治療薬でニキビ、水疱、ざ瘡、乾燥性皮膚炎、爪囲炎で痛い

がんの分子標的治療薬に皮膚障害の副作用。

記事を読む

no image

睾丸のがんで脳に転移、髄注で激しい頭痛やめまい

45歳の男性です。 半年前睾丸に違和感

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image

セカンドライン化学療法 子宮体癌術後の治療法

手ごわい子宮体癌術後の治療法は?

記事を読む

no image

タモキシフェンで子宮筋腫が大きくなる可能性、子宮内膜症も悪化

48歳女性です。 2年三ヶ月前、左乳癌

記事を読む

no image

脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

前立腺がんが急に進行で腰椎転移は変形腰椎症?

72歳男性です。 1年2ヶ月前、PSA

記事を読む

no image

転移のある腎がんの分子標的治療薬

質問 転移のある腎がんの分子標的治療薬

記事を読む

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑