前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつまでできる?

70歳の男性です。
3年3ヶ月前、前立腺がんと診断されました。
PSA値8.3、グリーソンスコアは7で進行度はT2aN0M0、針生検の結果、8本中4本からがんが見つかりました。
PSA監視療法で経過を見てきましたが、ここ1年でPSA値が9~12に上がりました。
また、3ヶ月前に肺腺癌が見つかり切除手術を行いました。
術後化学療法としてUFT(ユーエフティカプセルなど)を2年間服用することを勧められ、1ヶ月前から服用しています。

本来肺がんとわかる前に前立腺がんに対してIMRT(腫瘍に集中照射する強度変調放射線治療)による放射線治療を行うことになっていました。
肺癌が見つかったため、放射線と抗がん剤の併用は副作用があるので避けたほうがいいといわれ、まず肺癌の治療を行うことになりました。
PSA監視療法はPSAがいくつになるまで続けられるのでしょう?

回答 再検することを勧めます

UFTは放射線増感作用があるのでIMRTと副作用の点から併用しないほうがいいですね。PSA監視療法の欧米での基準は、3年で倍となっています。
しかし、PSAの値が急に上がっていますのでもう一回測定して判断したほうがいいでしょう。
低下していれば様子を見ることも出来ます。

経過を見続けるのであれば、再検することを勧めます。
診断時の針生検では8本しかとっていませんし、時間も経過していますので、MRIを取って画像を確認してから10~12本以上取ることを勧めます。
PSA値が上昇していればUFT治療が終わるまでホルモン治療で進行を抑え、終了後IMRTを行う方法もあります。

質問 2型糖尿病患者

私は糖尿病なのですが

回答

糖尿病の方でホルモン治療を行っている人は結構います。
ホルモン治療による糖尿病悪化の可能性はありますので今までより節制が必要となります。

平成27年3月31日の癌電話相談から、回答には癌研有明病院の米瀬泌尿器科部長があたりました。

関連記事

no image

人工膀胱以外の選択は?前立腺がん尿管がん併発の治療法

質問 55歳の夫は1か月前、前立腺

記事を読む

no image

高リスクがん、放射線と手術ではどちらの生存率が高い?

高リスク前立せんがんの治療法 66

記事を読む

no image

アブラキサン追加ですい臓の腫瘍は縮小したが白血球が減る

すい臓がんは沈黙の臓器といわれ、若くても

記事を読む

no image

PSA高値にならない前立腺がん再発は?毎年直腸診!

74歳の男性です。 10年前PSAが3

記事を読む

no image

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した

記事を読む

no image

転移の無いリンパ節転移にアイソトープ治療(放射性ヨード)をする必要ない

54才の女性です。 9年前甲状腺乳頭癌

記事を読む

no image

中間リスク群で骨髄移植するべき?兄弟間でHLA一致

質問 中間リスク群で骨髄移植するべき?

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

マージナルゾーンB細胞は肺炎球菌を見つけることができ
肺炎球菌と脾臓の関係、ひどい肩のだるさ激しい咳

ひどい肩のだるさ激しい咳。 命が危険な状態、肺炎球菌性肺炎だった

横向き、右向き、うつ伏せ寝は隠れ誤嚥性肺炎のもと
横向き、右向き、うつ伏せ寝は隠れ誤嚥性肺炎のもと

40代でもかかった誤嚥性肺炎。 隠れ誤嚥とは? 誤嚥は食事

亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退
亜鉛が足りない?手のしびれと鬱、脱毛、肌荒れ、食欲減退

亜鉛は腸管から30%しか吸収されない。 70%は体外、汗などで流

no image
子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。

尿路結石をバスケットカテーテルでつまみだす
尿路結石になりやすいSEや建築現場、営業マン、運転手

尿路結石について。 尿路とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道が含まれてい

→もっと見る

PAGE TOP ↑