ホルモン治療と放射線治療でPSAが2になるまで経過を見ましょう

68歳の男性です。
10年前にPSAが46で生検を受け、12本すべてから癌が検出。
病期はT3bN0M0で局所進行前立腺がんでグリーソンスコアが3+4=7でした。
ホルモン(抗男性ホルモン剤)治療を開始し、半年後にはPSAは4.2になり、放射線治療のIMRTを78グレイ照射しました。
半年後にはPSAは0.14まで下がりました。
その後ホルモン剤をビカルタミドに変えて4年半継続しました。
PSAが0.04に低下したため、ホルモン治療をしばらく休むことにし、現在も休薬しています。
最近のPSAは0.9です。
主治医からPSAが2になるまで経過を見ましょうといわれていますが大丈夫でしょうか?

高リスク前立腺がんのホルモン治療を休んで大丈夫?

精嚢に浸潤しているあなたの癌は、転移はありませんが再発リスクの高い癌です。
長期2~3年のホルモン治療とIMRTを78グレイ照射するのは標準です。
まれにPSAが上昇しないまま再発することもありますが、ホルモン治療を終了した後にPSAが2以下を保っていれば再発はないと判断します。
ホルモン治療は通常、男性ホルモンの産生を抑える注射単独かビカルタミドの併用で行います。
あなたの受けた抗男性ホルモン剤単独で5年半という治療は、一般的に推奨されている方法とは異なりますが、10年たっても再発してないので結果として成功していると思います。

再発の可能性は、もともと局所進行がんですので治療後の再発リスクは低くはありません。
しかし10年間再発してないので今後再発するリスクは低いと考えていいと思います。
ただし、放射線の晩期合併症などは今後も起こりえますので、血尿、血便には注意してください。

平成28年2月16日の産経新聞がん電話相談からよりです。

関連記事

no image

甲状腺がんは脳への転移を初期段階で見つけることは難しい

67才男性です。 9年前甲状腺乳頭がん

記事を読む

no image

膵頭部がんステージⅠの治療法、切除と再建は2回に分けない

質問 この手術法以外の手術方法はない?

記事を読む

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

no image

卵巣と子宮で同時に癌、手術後化学療法はしなくていい?

53歳の女性です。 子宮たいがんで子宮

記事を読む

no image

前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつま

記事を読む

no image

子宮卵巣で術後化学療法をする低分化型や漿液性腺癌 4センチ以上 リンパ管 毛細血管

61歳女性です。 子宮体がんを腹腔鏡で

記事を読む

no image

人生で1回きり?センチネルリンパ節生検

59歳の女性です。 9年前8ミリの乳が

記事を読む

no image

アブラキサン追加ですい臓の腫瘍は縮小したが白血球が減る

すい臓がんは沈黙の臓器といわれ、若くても

記事を読む

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

no image

癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑