卵巣がん再発後に5年生存できる患者の2つの特徴

74才の女性です。
3年前、左卵巣がんで子宮と両側の卵巣と大網(胃の下側、腸の前の腹膜)を切除しました。
Ⅲb期でリンパ節転移はなく、腹膜播種と大網に数個転移がありました。
術後6クールの化学療法を受け、経過は良好でした。
治療後2年4か月たって、傍大動脈周囲リンパ節に転移し、リンパ節郭清術を受け、きれいに取りきれたと言われました。
術後化学療法は6クールの予定が白血球の減少により2クールで中止しました。
年齢を考えて今後は治療をしないと決めましたがとても不安です。

回答 卵巣がん再発後に5年生存できる患者の2つの特徴

がん研有明病院のデータでは卵巣がん再発後に5年生存できる患者さんには2つの特徴があります。
第一は初回治療後再発までの期間が1年以上あることです。
これは初回治療に受けた抗がん剤がよく効いたことを示しています。

第二に再発部位が1~2か所に限局していることです。
これは手術や放射線で再発病巣を制御できるのでがんを根治できる可能性があるためです。
今回の場合、初回治療時の最後の化学療法から2年4か月後の経過後の傍大動脈周囲リンパ節転移であり、
再発したリンパ節転移はきれいに切除できたということで、2つの条件を満たしています。

がん研有明病院の治療方針では手術後4クールの化学療法を行って治療を終了します。
今回は術後化学療法を2クールで中止せざるを得なかったのですが、よい経過が期待できますのでやめてよかったのではないでしょうか。

質問 卵巣がん再発手術後の化学療法中止

今後は血液検査とCTで経過観察することになりました。

回答 1度再発すると次の再発は1年で起こる

1度再発すると次の再発は1年ぐらいで起こります。
再発部位は縦隔リンパ節や肝臓や肺が多いと思います。
慎重に経過観察していただきましょう。

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑