卵巣がん再発後に5年生存できる患者の2つの特徴

74才の女性です。
3年前、左卵巣がんで子宮と両側の卵巣と大網(胃の下側、腸の前の腹膜)を切除しました。
Ⅲb期でリンパ節転移はなく、腹膜播種と大網に数個転移がありました。
術後6クールの化学療法を受け、経過は良好でした。
治療後2年4か月たって、傍大動脈周囲リンパ節に転移し、リンパ節郭清術を受け、きれいに取りきれたと言われました。
術後化学療法は6クールの予定が白血球の減少により2クールで中止しました。
年齢を考えて今後は治療をしないと決めましたがとても不安です。

回答 卵巣がん再発後に5年生存できる患者の2つの特徴

がん研有明病院のデータでは卵巣がん再発後に5年生存できる患者さんには2つの特徴があります。
第一は初回治療後再発までの期間が1年以上あることです。
これは初回治療に受けた抗がん剤がよく効いたことを示しています。

第二に再発部位が1~2か所に限局していることです。
これは手術や放射線で再発病巣を制御できるのでがんを根治できる可能性があるためです。
今回の場合、初回治療時の最後の化学療法から2年4か月後の経過後の傍大動脈周囲リンパ節転移であり、
再発したリンパ節転移はきれいに切除できたということで、2つの条件を満たしています。

がん研有明病院の治療方針では手術後4クールの化学療法を行って治療を終了します。
今回は術後化学療法を2クールで中止せざるを得なかったのですが、よい経過が期待できますのでやめてよかったのではないでしょうか。

質問 卵巣がん再発手術後の化学療法中止

今後は血液検査とCTで経過観察することになりました。

回答 1度再発すると次の再発は1年で起こる

1度再発すると次の再発は1年ぐらいで起こります。
再発部位は縦隔リンパ節や肝臓や肺が多いと思います。
慎重に経過観察していただきましょう。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑