卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという記事。
産経新聞、H25/8/27がん電話相談から。

悩み

31歳女性、2kgの左卵巣腫瘍の摘出手術を受けました。
病理検査でがん細胞が検出され、卵巣がんと診断されました。
進行期はIa期ですが、病理組織分化度がグレード3で転移の可能性があるため
子宮、リンパ節も含めた根治手術が必要と説明されました。
子供はほしいのですがまだいません。

回答

今回の手術では大きき奈卵巣腫瘍の切除をしただけで反対側の卵巣、子宮、大網、骨盤や
傍大動脈リンパ節などは視診、触診で異常なしと評価されただけです。
この卵巣がんが、周囲組織やおなかの組織に微小な転移を起こす等して残っているかが問題になります。
もしお子さんがいて、より安全な生活を重視するなら、再開腹して卵巣がん根治手術を受けていただきます。

転移や残存がないことを確認できれば安心できます。
これから子供を生みたい場合は、手術時の所見、摘出した卵巣がん組織などから、
癌の遺残の確率、再発リスクなどを推測して評価します。

再発リスクが5%以内なら通常は経過観察をし、2年くらい再発がないことを確認できれば妊娠が許可されます。
再発リスクが25%程度の場合は経験豊富な病理医に診断を仰ぎます。

①卵巣腫瘍のどの程度の割合ががんだったのか。
②卵巣の外表の被膜にがんの浸潤があったのかどうか。
③組織亜分類は類内膜がんか粘液性がんか。
④分化度は本当にグレード3か。
⑤卵巣がん組織内のリンパ管や毛細血管内へのがんの侵襲があるか。

など詳細に検討し、がんの物理的容積が少なく、②と⑤が陰性ならチャレンジングケースとして、
ある程度の再発のリスクを覚悟するなら経過観察もありえるかもしれません。

関連記事

no image

前がん病変の治療の時期を患者が判断することは難しい

質問 がんの芽は癌になるのでしょうか?

記事を読む

no image

心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘

記事を読む

no image

膀胱癌の温存療法は内視鏡手術で削り、抗がん剤治療と放射線治療を併用

68才の母ですが、筋層浸潤性膀胱癌と診断

記事を読む

no image

前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レント

記事を読む

no image

前立腺がん 全摘0.01が境目 間欠ホルモン療法にしたい

質問 前立腺がん、間欠ホルモン療法にした

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image

多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けてい

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。 3か月前に浸潤性乳

記事を読む

no image

子宮卵巣で術後化学療法をする低分化型や漿液性腺癌 4センチ以上 リンパ管 毛細血管

61歳女性です。 子宮体がんを腹腔鏡で

記事を読む

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため
病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

救急の医者の白衣、 半袖の先生が多いと思います。 病院の先生の

→もっと見る

PAGE TOP ↑