癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保存で移植し機能回復。
抗がん剤治療で機能が失われる前に卵巣を摘出して凍結保存し、
治療後に体内に戻して機能を回復させることに順天堂大学などのチームが成功したという記事です。
名古屋市で開催される日本産科婦人科内視鏡学会で6日に発表するそう。

将来の妊娠に望み

若いうちに卵巣機能が低下する早期閉経の患者への移植例はあるが、
がん治療後の移植と機能回復の報告は国内初という。
将来の妊娠に望みをつなぐほか、
女性ホルモンの欠乏による心筋梗塞や骨粗鬆症の危険性を減らす狙いです。

菊池盤先任准教授産婦人科によると、移植を受けたのは悪性リンパ腫の20代の未婚女性。
平成22年に左右一対ある卵巣の片方を摘出し1センチの組織片10枚を凍結保存しました。

卵巣に移植で女性ホルモン機能を回復

女性はその後抗がん剤治療や骨髄移植を受け回復したが、
治療によって卵巣の機能が失われエストロゲンという女性ホルモンを作れない状態が1年続いていた。
24年7月に組織片2枚を解凍し、体内の残る卵巣に移植した。
組織にがん細胞が残っていないことを検証したとしている。

半年後、卵子を包む袋のような「卵胞」が発育したことが超音波で確認で確認でき、
卵胞がつくるエストロゲンの血中濃度も上がったという。
悪性リンパ腫は体の免疫システムを構成するリンパ節や胸腺、白血球などのリンパ系組織からできる癌の一種。

卵巣の凍結保存、移植は不妊治療で行われているが、日本では今後活発になるのだなという感じです。
今は日本人の命というのは非常に重く、新しい命の為の医療というのは今後も増え続ける分野でしょう。
その中で若い女性の独自の考え方も進んでいて、社会に進出するはいいものの、
結婚願望がない、妊娠を希望しない方も増え、少子化は進むのだなぁという感じです。

H25/9/4産経新聞の社会欄より。

関連記事

no image

白血球が少ないならティーエスワン。ジェムザール・アブラキサンが効かない場合

1年3ヶ月前にすい臓癌と診断されました。

記事を読む

no image

前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レント

記事を読む

no image

前立腺がん手術後PSA上昇 ホルモン治療継続 救済照射後治癒の確認

がん電話相談から前立腺がん手術後PSA上

記事を読む

no image

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image

左右の肺の形に沿って糸状の陰。悪性なら治療法は?

67歳の母は健康診断で肺に異常があり、C

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

膵臓癌1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

膵がんステージⅣaの治療法、放射線治療やペプチドワクチン免疫療法

がん電話相談から、膵がんステージⅣa

記事を読む

no image

胃潰瘍のクラス4で胃全摘術?しないと思います

胃細胞診でクラス4、全摘手術(胃を全部取

記事を読む

no image

脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断され

記事を読む

no image

医療は治療<検査<予防<予測へ 検査LOX-index

若い人からでも動脈硬化の進行具合と血管内

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑