癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保存で移植し機能回復。
抗がん剤治療で機能が失われる前に卵巣を摘出して凍結保存し、
治療後に体内に戻して機能を回復させることに順天堂大学などのチームが成功したという記事です。
名古屋市で開催される日本産科婦人科内視鏡学会で6日に発表するそう。

将来の妊娠に望み

若いうちに卵巣機能が低下する早期閉経の患者への移植例はあるが、
がん治療後の移植と機能回復の報告は国内初という。
将来の妊娠に望みをつなぐほか、
女性ホルモンの欠乏による心筋梗塞や骨粗鬆症の危険性を減らす狙いです。

菊池盤先任准教授産婦人科によると、移植を受けたのは悪性リンパ腫の20代の未婚女性。
平成22年に左右一対ある卵巣の片方を摘出し1センチの組織片10枚を凍結保存しました。

卵巣に移植で女性ホルモン機能を回復

女性はその後抗がん剤治療や骨髄移植を受け回復したが、
治療によって卵巣の機能が失われエストロゲンという女性ホルモンを作れない状態が1年続いていた。
24年7月に組織片2枚を解凍し、体内の残る卵巣に移植した。
組織にがん細胞が残っていないことを検証したとしている。

半年後、卵子を包む袋のような「卵胞」が発育したことが超音波で確認で確認でき、
卵胞がつくるエストロゲンの血中濃度も上がったという。
悪性リンパ腫は体の免疫システムを構成するリンパ節や胸腺、白血球などのリンパ系組織からできる癌の一種。

卵巣の凍結保存、移植は不妊治療で行われているが、日本では今後活発になるのだなという感じです。
今は日本人の命というのは非常に重く、新しい命の為の医療というのは今後も増え続ける分野でしょう。
その中で若い女性の独自の考え方も進んでいて、社会に進出するはいいものの、
結婚願望がない、妊娠を希望しない方も増え、少子化は進むのだなぁという感じです。

H25/9/4産経新聞の社会欄より。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑