癌で卵巣保存移植不妊治療、抗がん剤治療や骨髄移植

順天堂大学などが悪性リンパ節術後で卵巣保存で移植し機能回復。
抗がん剤治療で機能が失われる前に卵巣を摘出して凍結保存し、
治療後に体内に戻して機能を回復させることに順天堂大学などのチームが成功したという記事です。
名古屋市で開催される日本産科婦人科内視鏡学会で6日に発表するそう。

将来の妊娠に望み

若いうちに卵巣機能が低下する早期閉経の患者への移植例はあるが、
がん治療後の移植と機能回復の報告は国内初という。
将来の妊娠に望みをつなぐほか、
女性ホルモンの欠乏による心筋梗塞や骨粗鬆症の危険性を減らす狙いです。

菊池盤先任准教授産婦人科によると、移植を受けたのは悪性リンパ腫の20代の未婚女性。
平成22年に左右一対ある卵巣の片方を摘出し1センチの組織片10枚を凍結保存しました。

卵巣に移植で女性ホルモン機能を回復

女性はその後抗がん剤治療や骨髄移植を受け回復したが、
治療によって卵巣の機能が失われエストロゲンという女性ホルモンを作れない状態が1年続いていた。
24年7月に組織片2枚を解凍し、体内の残る卵巣に移植した。
組織にがん細胞が残っていないことを検証したとしている。

半年後、卵子を包む袋のような「卵胞」が発育したことが超音波で確認で確認でき、
卵胞がつくるエストロゲンの血中濃度も上がったという。
悪性リンパ腫は体の免疫システムを構成するリンパ節や胸腺、白血球などのリンパ系組織からできる癌の一種。

卵巣の凍結保存、移植は不妊治療で行われているが、日本では今後活発になるのだなという感じです。
今は日本人の命というのは非常に重く、新しい命の為の医療というのは今後も増え続ける分野でしょう。
その中で若い女性の独自の考え方も進んでいて、社会に進出するはいいものの、
結婚願望がない、妊娠を希望しない方も増え、少子化は進むのだなぁという感じです。

H25/9/4産経新聞の社会欄より。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑