卵巣明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい?

質問 明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくい?

50歳の女性です。
左卵巣明細胞腺がんステージⅠaで左右卵巣、卵管、子宮全摘出およびリンパ節郭清、さらに直腸を癒着していてはがせなかったため、直腸の部分切除術を受けました。
リンパ節転移、腹膜への転移はありませんでした。
術後半年間、再発予防のための抗がん剤治療、TC療法を6クール行い、治療は終了しました。

明細胞腺がんは抗がん剤が効きにくいと聞いています。
私の受けた治療はベストな治療法なのでしょうか?

回答 明細胞腺がんが日本人に多い理由

卵巣明細胞腺がんは、欧米では卵巣の数%なのに対し、日本は25%を占めています。
治療法の研究では日本が一番進んでいます。
現在、日本の日本の多くの婦人科腫瘍医は、明細胞腺がんが日本人に多い理由、チョコレートのう腫から段階的にガン化していくしくみ、閉経前後のリスク群に対してチョコレートのう腫を切除することのがん発症予防効果などを研究しています。
治療についても、しっかりした根治手術を行い、進行期がⅠa期(当該卵巣にのみがんが存在するが、他には広がっていない)と判明した場合に、再発予防の化学療法は必要か否かが研究されつつあります。

がん研有明病院では、Ⅰa期の明細胞腺がんでは、患者さんの自主的な希望で化学療法の実施について決めています。
化学療法を受ける人はⅠa期では3分の1もいません。
そして当院の過去の治療成績は、手術後化学療法の有無で差がなく95%くらいが治癒するという好成績です。

質問

Ⅰa期の手術後の検査はどのように?

回答 卵巣明細胞がんⅠa期の術後治療

心配のあまり、検査をしすぎるのは問題です。
手術後2年は2ヶ月ごとに通院して腫瘍マーカーの測定や、経膣超音波検査などを含む診察を行い、半年ごとに画像検査(エコー、CTなど)を行います。

回答には癌研有明病院の婦人科顧問瀧澤憲先生があたりました。
平成27年3月24日の産経新聞のがん電話相談より。

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑