抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

67歳の母は7年前、胆のう癌の手術を受けました。
術後ジェムザール療法を2年半行いましたが腹壁に直径2cmの再発が見つかり切除しました。
術後ジェムザールとTS-1の併用療法を半年行いました。
9ヶ月前から腫瘍マーカーが上昇、最近になり骨盤に転移が見つかり、ジェムザールとシスプラチンの併用療法を勧められました。

回答 再発胆のう癌の治療法

手術後の抗がん剤治療(補助化学療法)は、手術で摂りきれなかった微小がん細胞を攻撃し、再発を予防することが目的です。
がんが見えない手術後の状態からの抗がん剤治療ですので、その抗がん剤が効いているか否か個人レベルで判断するのは不可能です。

1年後に再発するはずだったがんが抗がん剤で抑えられて2年半後に延長したのか、抗がん剤をしても2年半後に再発する自然経過であった(抗がん剤が効いていなかった)のか区別できません。
一般に補助化学療法終了から半年以上経過してから再発した場合、抗がん剤が効いていたかもしれないと考え、
補助化学療法と同じ抗がん剤を使用することがあります。

ジェムザールとシスプラチンの併用療法は、転移再発胆のう癌に対して、
現在最も効果的な抗がん剤治療であり、この場合も最適といえます。

質問 他の治療法

他の治療法があれば教えてください。

回答 全身をめぐる癌は手術は適していない

今回はがん細胞が血液の流れに乗って腹膜にたどり着き増殖した転移再発です。
がん細胞は血液の流れに乗って今も全身にめぐっているかもしれない再発ですので、抗がん剤などの全身治療が最適であり、手術など局所療法は適していません。
前回の腹壁再発を手術した理由は、血液の流れに乗った転移再発ではなく、局所的な再発が疑われたからだと思います。

がん電話相談、再発胆のう癌の治療法について
平成27年2月3日火曜日の産経新聞の生活欄より。
回答には癌研有明病院の消化器内科肝胆膵化学療法担当石井副部長があたりました。

関連記事

no image

卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという

記事を読む

no image

すい臓がんは抗がん剤治療だけで完治しない

61才の女性です。 4ヶ月前にすい臓が

記事を読む

no image

睾丸のがんで脳に転移、髄注で激しい頭痛やめまい

45歳の男性です。 半年前睾丸に違和感

記事を読む

no image

中間リスク群で骨髄移植するべき?兄弟間でHLA一致

質問 中間リスク群で骨髄移植するべき?

記事を読む

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

子宮全摘出、子宮切除後にHPVが陽性になることはよくあること

高齢者の子宮頚部前がん病変、全摘術後もH

記事を読む

no image

医療は治療<検査<予防<予測へ 検査LOX-index

若い人からでも動脈硬化の進行具合と血管内

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した

記事を読む

no image

牛肉や豚肉の食べすぎは前立腺がんの進行を早める

46歳夫は8ヶ月前、前立腺がんと診断され

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑