抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

67歳の母は7年前、胆のう癌の手術を受けました。
術後ジェムザール療法を2年半行いましたが腹壁に直径2cmの再発が見つかり切除しました。
術後ジェムザールとTS-1の併用療法を半年行いました。
9ヶ月前から腫瘍マーカーが上昇、最近になり骨盤に転移が見つかり、ジェムザールとシスプラチンの併用療法を勧められました。

回答 再発胆のう癌の治療法

手術後の抗がん剤治療(補助化学療法)は、手術で摂りきれなかった微小がん細胞を攻撃し、再発を予防することが目的です。
がんが見えない手術後の状態からの抗がん剤治療ですので、その抗がん剤が効いているか否か個人レベルで判断するのは不可能です。

1年後に再発するはずだったがんが抗がん剤で抑えられて2年半後に延長したのか、抗がん剤をしても2年半後に再発する自然経過であった(抗がん剤が効いていなかった)のか区別できません。
一般に補助化学療法終了から半年以上経過してから再発した場合、抗がん剤が効いていたかもしれないと考え、
補助化学療法と同じ抗がん剤を使用することがあります。

ジェムザールとシスプラチンの併用療法は、転移再発胆のう癌に対して、
現在最も効果的な抗がん剤治療であり、この場合も最適といえます。

質問 他の治療法

他の治療法があれば教えてください。

回答 全身をめぐる癌は手術は適していない

今回はがん細胞が血液の流れに乗って腹膜にたどり着き増殖した転移再発です。
がん細胞は血液の流れに乗って今も全身にめぐっているかもしれない再発ですので、抗がん剤などの全身治療が最適であり、手術など局所療法は適していません。
前回の腹壁再発を手術した理由は、血液の流れに乗った転移再発ではなく、局所的な再発が疑われたからだと思います。

がん電話相談、再発胆のう癌の治療法について
平成27年2月3日火曜日の産経新聞の生活欄より。
回答には癌研有明病院の消化器内科肝胆膵化学療法担当石井副部長があたりました。

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑