抗がん剤が最適。再発胆のう癌の腹壁転移に骨盤転移

公開日: : 最終更新日:2015/02/05 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 腹壁転移に骨盤転移に化学療法

67歳の母は7年前、胆のう癌の手術を受けました。
術後ジェムザール療法を2年半行いましたが腹壁に直径2cmの再発が見つかり切除しました。
術後ジェムザールとTS-1の併用療法を半年行いました。
9ヶ月前から腫瘍マーカーが上昇、最近になり骨盤に転移が見つかり、ジェムザールとシスプラチンの併用療法を勧められました。

回答 再発胆のう癌の治療法

手術後の抗がん剤治療(補助化学療法)は、手術で摂りきれなかった微小がん細胞を攻撃し、再発を予防することが目的です。
がんが見えない手術後の状態からの抗がん剤治療ですので、その抗がん剤が効いているか否か個人レベルで判断するのは不可能です。

1年後に再発するはずだったがんが抗がん剤で抑えられて2年半後に延長したのか、抗がん剤をしても2年半後に再発する自然経過であった(抗がん剤が効いていなかった)のか区別できません。
一般に補助化学療法終了から半年以上経過してから再発した場合、抗がん剤が効いていたかもしれないと考え、
補助化学療法と同じ抗がん剤を使用することがあります。

ジェムザールとシスプラチンの併用療法は、転移再発胆のう癌に対して、
現在最も効果的な抗がん剤治療であり、この場合も最適といえます。

質問 他の治療法

他の治療法があれば教えてください。

回答 全身をめぐる癌は手術は適していない

今回はがん細胞が血液の流れに乗って腹膜にたどり着き増殖した転移再発です。
がん細胞は血液の流れに乗って今も全身にめぐっているかもしれない再発ですので、抗がん剤などの全身治療が最適であり、手術など局所療法は適していません。
前回の腹壁再発を手術した理由は、血液の流れに乗った転移再発ではなく、局所的な再発が疑われたからだと思います。

がん電話相談、再発胆のう癌の治療法について
平成27年2月3日火曜日の産経新聞の生活欄より。
回答には癌研有明病院の消化器内科肝胆膵化学療法担当石井副部長があたりました。

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

no image
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下がる。

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑