日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の不妊対策。
若年性がん患者の不妊対策が注目されている。
がん治療、生殖医療の双方が進歩した事で、がん克服後に妊娠・出産が望める可能性も出てきた。
その1つが抗がん剤治療を受ける前に卵子や精子などを凍結する方法。

抗がん剤の種類や投薬量、治療開始の年齢などによっては無月経や無精子症になるなどして、がんが治っても妊娠、出産が難しくなる場合がある。
がん治療への不安だけでなく、妊娠・出産が望めないとなればさらに将来への不安は大きい。
だが、かつては何よりもがん治療が優先で、妊娠出産の可能性を残すがん治療は今ほど重視されてこなかった。

がん治療が最優先でも妊娠出産の可能性を残す

がん治療が最優先であることは当然だが、妊娠出産の可能性があるなら最大限残したいと考えていますと、川崎市、聖マリアンナ医大病院、産婦人科医を中心とする日本がん生殖医療研究会代表鈴木直教授は話す。

同病院では患者の年齢や抗がん剤の種類、投薬量などを勘案しながら、
抗がん剤や放射線治療で卵巣や精巣が影響を受ける前に、卵子や精子を凍結する治療を行っている。

患者が既婚の場合には、取り出した卵子を体外受精させ、受精卵として凍結する方法を勧めるという。
その方が妊娠・出産の可能性は高いからだ。
2010年からは卵巣組織の凍結を始めた。

卵子の凍結方法

卵巣組織には様々な成長段階にある卵子が存在するが、卵巣組織ごと凍結すると、
より多くの卵子を残す事に繋がるという。
卵巣にがんが転移していない事が条件で、全ての患者に適用は難しいが、聖マリアンナ医大病院では約30例を実施した。
ます片方の卵子を取り出して厚さ1ミリ、1センチ四方に切り取り凍結している。

凍結は国内初のガラス化法と呼ばれる方法で実施。
細胞内の水分の凍結が課題だったが、凍結する細胞内の水分を特別な溶液に置き換え、
氷の結晶を作らずに瞬時に凍らせる。
患者ががん治療を終えた後、卵巣片を融解して患者の卵管に移植し、自然妊娠か、難しい場合は体外受精する。
現在、国内の卵巣組織の凍結が可能な施設は6~7施設あるという。

日本がん生殖医療研究会の考える医療連携ネットワーク

がん治療施設、産婦人科、泌尿器科などが連携。
卵巣凍結は卵巣を取り出し凍結。がん治療を終えた患者に移植。
精子を凍結、卵子を凍結、体外受精した受精卵を凍結、移植という流れ。

妊娠出産の可能性を残す為の治療法や治療の相談が可能な施設を紹介し、
がん治療、不妊治療を行う医療機関の連携を進めたり、医療機関と患者を結びつけたりすることで、患者にとって最適な治療が受けられるようにする事が狙い。

http://www.j-sfp.org/

関連リンク:
子宮を残す子宮がん手術、子宮温存、不正出血
妊娠、出産を望む、がん患者の治療についてNHKニュースの感想

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑