日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の不妊対策。
若年性がん患者の不妊対策が注目されている。
がん治療、生殖医療の双方が進歩した事で、がん克服後に妊娠・出産が望める可能性も出てきた。
その1つが抗がん剤治療を受ける前に卵子や精子などを凍結する方法。

抗がん剤の種類や投薬量、治療開始の年齢などによっては無月経や無精子症になるなどして、がんが治っても妊娠、出産が難しくなる場合がある。
がん治療への不安だけでなく、妊娠・出産が望めないとなればさらに将来への不安は大きい。
だが、かつては何よりもがん治療が優先で、妊娠出産の可能性を残すがん治療は今ほど重視されてこなかった。

がん治療が最優先でも妊娠出産の可能性を残す

がん治療が最優先であることは当然だが、妊娠出産の可能性があるなら最大限残したいと考えていますと、川崎市、聖マリアンナ医大病院、産婦人科医を中心とする日本がん生殖医療研究会代表鈴木直教授は話す。

同病院では患者の年齢や抗がん剤の種類、投薬量などを勘案しながら、
抗がん剤や放射線治療で卵巣や精巣が影響を受ける前に、卵子や精子を凍結する治療を行っている。

患者が既婚の場合には、取り出した卵子を体外受精させ、受精卵として凍結する方法を勧めるという。
その方が妊娠・出産の可能性は高いからだ。
2010年からは卵巣組織の凍結を始めた。

卵子の凍結方法

卵巣組織には様々な成長段階にある卵子が存在するが、卵巣組織ごと凍結すると、
より多くの卵子を残す事に繋がるという。
卵巣にがんが転移していない事が条件で、全ての患者に適用は難しいが、聖マリアンナ医大病院では約30例を実施した。
ます片方の卵子を取り出して厚さ1ミリ、1センチ四方に切り取り凍結している。

凍結は国内初のガラス化法と呼ばれる方法で実施。
細胞内の水分の凍結が課題だったが、凍結する細胞内の水分を特別な溶液に置き換え、
氷の結晶を作らずに瞬時に凍らせる。
患者ががん治療を終えた後、卵巣片を融解して患者の卵管に移植し、自然妊娠か、難しい場合は体外受精する。
現在、国内の卵巣組織の凍結が可能な施設は6~7施設あるという。

日本がん生殖医療研究会の考える医療連携ネットワーク

がん治療施設、産婦人科、泌尿器科などが連携。
卵巣凍結は卵巣を取り出し凍結。がん治療を終えた患者に移植。
精子を凍結、卵子を凍結、体外受精した受精卵を凍結、移植という流れ。

妊娠出産の可能性を残す為の治療法や治療の相談が可能な施設を紹介し、
がん治療、不妊治療を行う医療機関の連携を進めたり、医療機関と患者を結びつけたりすることで、患者にとって最適な治療が受けられるようにする事が狙い。

http://www.j-sfp.org/

関連リンク:
子宮を残す子宮がん手術、子宮温存、不正出血
妊娠、出産を望む、がん患者の治療についてNHKニュースの感想

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑