セミノーマ、後腹膜リンパ節切除手術は必要?

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 精巣腫瘍、術後化学療法後の治療法

59歳の男性です。
5ヶ月前、左精巣腫瘍で精巣摘除術を受けました。
がんの種類はセミノーマで、ステージⅡb期、大動脈周囲の後腹膜リンパ節に6センチ×4センチの転移がありました。
腫瘍マーカーのLDH(乳酸脱水素酵素)が313、LCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の値が15.1と少し高かったのですが、AFP(α胎児性蛋白)は正常でした。
3ヶ月前から抗がん剤治療(BEP療法)を3コース行い、後腹膜リンパ節転移は3.5センチになりました。
主治医から「腫瘍マーカーは正常化したが、3回目の抗がん剤の効果があまり見られなかったので手術をしましょう」といわれました。
後腹膜リンパ節切除手術は必要なのでしょうか?

回答

リンパ節転移は3.5センチに縮小していますので、手術はしないでしばらく経過を見るのがいいと思います。
セミノーマに対する化学療法後の残存腫瘍切除術は難しい手術です。
転移巣は線維化を起こし硬くなり、動脈と強固に癒着するため完全に切り取るのは困難です。
繊維化した転移巣はその後徐々に縮小していき、まれにしか再発しません。
再発してもまた抗がん剤がききますので簡単に命を驚かすようなことにはなりません。

質問

どのような経過観察になりますか?

回答

当初は1ヶ月に1回腫瘍マーカーをチェックして動きを見ます。
また、セミノーマの再発診断にはPET-CT検査が非常に有用です。
明らかに腫瘍マーカーの数値が上昇してきたり、リンパ節転移のサイズが大きくなれば、化学療法を再開します。
抗がん剤の副作用が強くて化学療法が継続できないときは放射線治療もあります。
セミノーマは抗がん剤のみならず放射線も非常によくききます。

平成27年1月13日の産経新聞、癌電話相談より。

関連記事

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

no image

原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッ

記事を読む

no image

γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγ

記事を読む

no image

舌癌再発、再手術後の治療は?

質問 食事は流動食で体重が減少、再発は?

記事を読む

no image

パーキンソン病の介護保険で受けられるサービス

要支援 日常生活に支援が必要 要支援 

記事を読む

no image

肺に転移した腎臓がんは切除して取ったほうがいいの?その後スーテント?

肺に転移した腎臓がん、摘出したほうがいい

記事を読む

no image

癌の手術が不安。持病で喘息 狭心症 心臓 ステント

74歳の女性です。 1年2ヶ月前、甲状

記事を読む

月経時の出血が多い子宮筋腫に右卵巣腫瘍の治療法

月経時の出血が多い子宮筋腫に右卵巣腫瘍の治療法

質問 卵巣腫瘍を放置していい? 4

記事を読む

no image

高齢者に分子標的治療薬は使わないことが多い

89歳の父は1ヶ月前に超音波検査とCTと

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑