月経時の出血が多い子宮筋腫に右卵巣腫瘍の治療法

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 卵巣腫瘍を放置していい?

49才の女性です。
10年以上前から子宮内膜症でピルを服用しましたが副作用で中断、40代の初めには子宮筋腫で摘出手術を2回行いました。
最近受けたMRI検査で、右の卵巣にできたのう胞性の腫瘍が5.5センチに大きくなっていました。
主治医から「悪性の可能性は低いが回復しないと確定診断ができない」と言われました。このまま放置していてもいいのでしょうか?

回答 MRI診断と手術を勧めます

最近のMRI診断はかなり正確で、チョコレートのう腫などの診断精度は高いです。
現状では、悪性を示唆する所見(卵巣嚢腫内に乳頭状の結節などがある等)
がなければ、当該腫瘍は良性と考えていいと思います。

閉経近くで、直径5.5センチのチョコレート嚢腫がある場合、閉経後5年くらいのうちに2次的に卵巣明細胞がんなどに癌化するリスクは5%以上あると懸念されます。
MRIなどでその卵巣腫瘍がチョコレート嚢腫であるならば、閉経が近い年齢を考慮しても手術を薦めます。

質問 子宮筋腫に右卵巣腫瘍を合併、治療法は?

月経時の出血が多く、月経後の下り物(少量の出血)が長く続き、ヘモグロビンが7.0と中程度の貧血です。
治療法はありますか?

回答 今回の場合は手術をするべき

症状から子宮筋腫(たんぶん粘膜下子宮筋腫)を合併していると思います。
過去に2度子宮筋腫を膣式に切除しているようですから、その筋腫の茎部(基部)が子宮内腔に残存し、再度大きくなった可能性もあると思います。

子宮筋腫や子宮内膜症(子宮腺筋症や卵巣チョコレート嚢腫)は、閉経すればよくなるのだから、閉経まで我慢すればいいと安易に考えたり、説明する医師もいます。
今回の場合、過多月経、過長月経に伴う貧血がありますので、手術により子宮全摘と右の卵巣切除を行うべきだと思います。

平成26年9月23日火曜日の産経新聞生活欄、がん電話相談より。

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑