心臓にリスクの甲状腺がんの手術は様子を見るのも間違いではない

79歳の父は1年4ヶ月前、胃がんで胃全摘、脾臓摘出術を受けました。
ステージⅡbでリンパ節転移は2個ありました。
同時に甲状腺がんも診断されました。
術後2ヶ月たって、心臓弁不全で弁置き換え術を行い、半年後ペースメーカー植え込み術を行いました。
1ヶ月前、甲状腺のエコーで左葉に2.5センチの乳がんとリンパ節の腫脹が認められ、主治医から「合併症のリスクが高いので手術は勧めません」と言われました。
もし心臓に問題がなければ79歳という年齢は手術可能でしょうか?

回答

79歳という年齢だけで手術ができないのではないと思います。
年齢のリスクと持っている病気のリスクについて、担当の先生や循環器の先生、麻酔科の先生の説明をよく効いて手術を受けるか受けないかを決める必要があります。

質問

手術を行う場合は全摘と言われたのですが。

回答 高齢で心臓にリスクがある甲状腺乳頭がんの手術は?

必ずしも全摘する必要はないと思います。
結節の状況によりますが、がんのある左側の甲状腺を取ることでいいと思います。
甲状腺を全摘出する目的は甲状腺の両側に病気がある場合、また術後の再発転移のリスクを下げるためにヨード治療を行うことにありますが、
お父様の場合は、高齢でありヨード治療を行う意義は乏しいと思います。
甲状腺を温存したほうが術後の内服薬の必要性などを考えますとQOL(生活の質)はいいと思います。
(ヨード治療とは甲状腺に効果のある放射線治療です。)

質問

父は手術が可能なら受けたいといっています。

回答 様子をみるのも間違いではない

5~10年の間わからなくてたまたま見つかったがんだと思います。
全身麻酔のリスクが高いのに手術を受けて、脳梗塞などの合併症を起こしてしまっては大変です。
生命に危険を及ぼすようなことは基本的にないと思いますので手術はしないで様子を見るのも間違いではないと思います。

関連記事

gvhd

白血病の新しい治療法。間葉系幹細胞はドナーのリンパ球から攻撃されない

白血病の新たな細胞医療、2015年9月承

記事を読む

no image

前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。 6年前、前立腺がんと

記事を読む

no image

COQ2遺伝子コエンザイムQ10大量服用多系統萎縮症リハビリ結核

脳の多系統萎縮症の遺伝子レベル治療法探る

記事を読む

no image

遠くに転移する飛び散る癌の治療法、抗がん剤と免疫細胞療法

限局性の癌 腫瘍が発生した部位だけ

記事を読む

抗がん剤治療中の食事に影響を与えるもの

抗がん剤で食べられなくなる理由、食べられない時の心構え

2人に1人は癌になる時代、がん患者の

記事を読む

no image

多発性骨髄腫でベルケイドを続ける?皮下注射の方が効果が長い

質問 多発性骨髄腫でベルケイドを続けてい

記事を読む

no image

子宮頚部異形成はほっとくと治る?子宮頚部円錐切除術の後遺症

35歳の女性です。 半年前人間ドッグの

記事を読む

no image

PSA値が10~20以下で前立せんがんの治療

53歳の男性です。 1年前にPSA値4

記事を読む

no image

子宮体がん、タキソールで歩行困難、タキソテールに変更

61歳の女性です。 子宮体がんで子宮と

記事を読む

no image

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

no image
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下がる。

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑