膵がんステージⅣaの治療法、放射線治療やペプチドワクチン免疫療法

公開日: : 最終更新日:2017/08/15 がん電話相談から 過去ログデータ

膵臓癌1期2期3期4期手術するボーダーラインは?
がん電話相談から、膵がんステージⅣaの治療法について。

質問

73歳の母は1ヶ月前、胃の不調を訴え、検査を受けた結果、膵がんステージⅣaと診断されました。
主治医から「血管に浸潤していて手術はできません」といわれました。
TS-1治療が始まりましたが、放射線治療など他に治療法はないでしょうか?

回答

手術ができない進行膵がんは、日本の規約でステージⅣになります。
ステージⅣbは肝臓などに遠隔転移がある病期です。
ステージⅣbは転移はないものの、がんが重要な血管に浸潤しているため、完全切除が不可能と考えられる病期です。

ステージⅣaは局所に限局していると考えられるため、本来なら放射線の治療効果が期待されるところです。
しかし、残念ながら膵がんの放射線感受性は高くありません。
また、術前に遠隔転移がなくても開腹すると微小転移が見つかるということがあります。
このように、ステージⅣaと診断しても本当は潜在的転移のあるステージⅣbというのことが少なからずあり、このような全身病の方に対し、局所治療である放射線療法は十分な効果が上がりません。

TS-1などの有効な抗がん剤が登場して以降、放射線療法は抗がん剤との併用で試験的に行われることがあります。

質問

ペプチドワクチン免疫療法について知りたいのですが。

回答

がん細胞の表面には正常細胞にはないたんぱく質の断片(ペプチド)が、免疫現象を起こさせる抗原として存在しています。
がんペプチドを皮下注射すると、近くの樹状細胞がそのペプチドを食べて、免疫担当のリンパ球に「これががん細胞の目印だ」と教えます。

リンパ球は次々と活性化し、標的となるがん細胞を見つけていっせいに攻撃します。
膵がんに有効なワクチンはいまだ研究段階で、実用化にはまだ時間がかかると見られています。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑