胆管がん転移再発で手術をしない理由

82歳の男性です。
胆管がんで膵頭十二指腸切除術を受けました。
手術の際はリンパ節や他臓器への転移もありませんでしが、術後4か月のCTで肝臓内に二センチのがんが3個転移していることがわかりました。
再発に対する治療法を教えてください。

胆管がん術後肝転移の治療法

胆管がんは手術の際にはリンパ節に転移がなくても再発率は少なくありません。
今回は術後早期に肝転移がみつかっていますので、手術の時点でCTなどの画像でとらえきれないような小さな転移があった可能性が高いと思います。
転移が見つかった場合の標準治療は抗がん剤による全身化学療法です。

胆管がんの場合、ゲムシタビンとシスプラチンの併用療法やゲムシタビンとティーエスワンの併用療法が標準治療ですが、高齢者の場合や、全身状態、併存する疾患の状態によってはゲムシタビン単剤やTS1単剤による治療になる場合もあります。

また胆管がんで用いられる抗がん剤の副作用は、比較的軽めが多いものの、膵頭十二指腸切除術後の変化として胃腸の状態がよくない場合は症状がより悪化することがあるので注意が必要です。

82歳と高齢ですが、抗がん剤治療以外に放射線治療やラジオ波治療はやったほうがいい?

胆管がんの転移再発に対して手術が行われないのは画像でとらえられる転移以外に潜在的に多数の病変が存在すると考えられていることによります。
そのため、病変部のみに集中的に放射線を照射する放射線治療や、病変部に直接針を刺して焼くラジオ波治療のようないわゆる標的を定めた局所療法では癌全体を制御することができず、転移を有する胆管がんでは適応となりません。

平成28年2月9日の産経新聞がん電話相談より。

関連記事

no image

原発の肺腺がんは周囲がすりガラス状で可能性が高い

72歳の男性です。 2年前、中分化型肺

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳

記事を読む

no image

乳がん(非浸潤癌)全摘、術後のホルモン治療、補助療法は必要ない

質問 乳がん(非浸潤癌)全摘、術後の治療

記事を読む

no image

がんの分子標的治療薬でニキビ、水疱、ざ瘡、乾燥性皮膚炎、爪囲炎で痛い

がんの分子標的治療薬に皮膚障害の副作用。

記事を読む

no image

1期食道がんの5年生存率は手術の場合80%

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image

すい臓がん再発、転移の診断法について教えてください

65才の男性です。 9ヶ月前すい臓がん

記事を読む

no image

神経内分泌腫瘍NETとNECの違いは?G1~G2がNETでG3がNEC

57歳の男性です。 小腸の神経内分泌腫

記事を読む

no image

前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。 6年前、前立腺がんと

記事を読む

no image

前立腺がん。転移がない場合に完治も期待できる放射線治療

高リスク前立腺がんで術後PSA値が上昇傾

記事を読む

3つの肝臓の影、何を意味するのか
肝膿瘍の原因は大腸がん。肝臓への道は肝動脈、胆管、門脈の3つ

熱っぽいと言っていたが田んぼを耕していたら倒れた 熱で意識がもうろう

頭部MRIで感染性心内膜炎で違和感がある
意識がない脳梗塞で抗生剤かステロイドパルスか?自発呼吸無し、対光反射消失

意識がない。ドクターGらしい主訴でした。 部屋がちらかっている

no image
無症状の甲状腺がんを手術したくない。経過観察でもいい?

41歳の娘は健康診断のオプションで測定した腫瘍マーカー「抗P53抗体」

no image
食道がんで胃ろう、ステントで食事。自分で食事も期待

87歳のおばは1ヶ月前に食道がんと診断されました。 腫瘍が食道をふさ

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

→もっと見る

PAGE TOP ↑