胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

公開日: : 最終更新日:2014/02/25 がん電話相談から 過去ログデータ

質問

67歳の母は2年前、胆管がんで手術を受けました。
ステージⅠで、術後補助療法はしませんでした。
9ヵ月後、閉塞性黄疸を起こし、胆管ドレナージ術を行いました。
8ヶ月前、門脈が詰まり、ステントを挿入しました。
主治医から「再発が疑われます。抗がん剤の治療をしましょう」といわれ、
シスプラチンとジェムザールの治療を5ヶ月間行いました。

いったん下がった腫瘍マーカーのCA19-9が再上昇し、TS-1に変更し治療しています。
抗がん剤による治療しかないのでしょうか。

回答

胆管は肝臓で作られる胆汁の通り道で、肝臓から十二指腸にいたる管状の臓器です。
胆管がんは早期に発見され、完全な手術が行われれば完治しますが、
がん細胞が取りきれずに残ると再発し、閉塞性黄疸をきたしたり、門脈を詰まらせたりします。

術後補助療法の再発予防効果は未知数です。
再発病変は初回手術時の病変に比べ局在の特定が極めて困難で、再手術での完全切除はまず不可能です。
このような再発に対する標準治療はシスプラチンとジェムザールの治療です。
確実な延命効果が期待できますが、がん細胞に耐性が生じると治療不能となり、癌は再熱します。
一般的な二次治療はTS-1治療です。

質問

抗がん剤以外では?

回答

放射線療法や免疫療法が考えられます。
放射線療法は、照射範囲の設定が困難かつ副作用が未知数であることから一般的ではありません。
免疫療法はこうかが確実でなく一般的でありませんが、副作用が軽微であることから期待が寄せられており、
臨床試験として参加できる場合があります。
そのほかステントの適切な管理、維持は効果的な抗がん治療や快適な生活の維持に大切です。

関連記事

no image

寛解導入化学療法2クールを卵巣がん漿液性腺癌Ⅰa期

質問 抗がん剤治療2クールは適正?

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

白血球が少ないならティーエスワン。ジェムザール・アブラキサンが効かない場合

1年3ヶ月前にすい臓癌と診断されました。

記事を読む

no image

トリプルネガティブ早期乳癌のフェマーラは5年で中止していい

58歳の女性です。 5年前、乳癌で右乳

記事を読む

no image

肝障害、肝機能で肝がんの選択。肝切除ラジオ波移植抗がん剤

治療の進歩で生存率は上昇し、5年生存率が

記事を読む

no image

がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3セン

記事を読む

no image

手術後に再発した場合救済放射線治療の可能性は?

51才の男性です。 PSA4.4、前立

記事を読む

no image

卵巣がんIa期 被膜リンパ管毛細血管内侵襲浸潤 類内膜粘液性分化度

卵巣がんIa期、経過観察できないかという

記事を読む

no image

直腸がんで肛門括約筋を温存で抗がん剤は?

直腸がん肛門温存治療後の抗がん剤は?

記事を読む

no image

脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑