胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

公開日: : 最終更新日:2014/02/25 がん電話相談から 過去ログデータ

質問

67歳の母は2年前、胆管がんで手術を受けました。
ステージⅠで、術後補助療法はしませんでした。
9ヵ月後、閉塞性黄疸を起こし、胆管ドレナージ術を行いました。
8ヶ月前、門脈が詰まり、ステントを挿入しました。
主治医から「再発が疑われます。抗がん剤の治療をしましょう」といわれ、
シスプラチンとジェムザールの治療を5ヶ月間行いました。

いったん下がった腫瘍マーカーのCA19-9が再上昇し、TS-1に変更し治療しています。
抗がん剤による治療しかないのでしょうか。

回答

胆管は肝臓で作られる胆汁の通り道で、肝臓から十二指腸にいたる管状の臓器です。
胆管がんは早期に発見され、完全な手術が行われれば完治しますが、
がん細胞が取りきれずに残ると再発し、閉塞性黄疸をきたしたり、門脈を詰まらせたりします。

術後補助療法の再発予防効果は未知数です。
再発病変は初回手術時の病変に比べ局在の特定が極めて困難で、再手術での完全切除はまず不可能です。
このような再発に対する標準治療はシスプラチンとジェムザールの治療です。
確実な延命効果が期待できますが、がん細胞に耐性が生じると治療不能となり、癌は再熱します。
一般的な二次治療はTS-1治療です。

質問

抗がん剤以外では?

回答

放射線療法や免疫療法が考えられます。
放射線療法は、照射範囲の設定が困難かつ副作用が未知数であることから一般的ではありません。
免疫療法はこうかが確実でなく一般的でありませんが、副作用が軽微であることから期待が寄せられており、
臨床試験として参加できる場合があります。
そのほかステントの適切な管理、維持は効果的な抗がん治療や快適な生活の維持に大切です。

関連記事

no image

浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。 3か月前に浸潤性乳

記事を読む

no image

胃の3分の2を切除の次は大腸を持ち上げて食道の通り道を再建

71歳の男性です。 2ヶ月前、胃カメラ

記事を読む

no image

遺伝子検査で癌の治療薬が見つかる可能性ALKならザーコリ

遺伝子検査で個別化医療のご紹介。 薬が

記事を読む

no image

膀胱がん再発、BCG注入療法は2回まで、筋層浸潤の場合は?

質問 膀胱がん再発、BCG注入療法行える

記事を読む

no image

オプジーボEGFR遺伝子変異が陽性の方には効果が弱い

60歳女性です。 1年半前、非小細胞が

記事を読む

no image

日本がん生殖医療研究会 体外受精 卵子 受精卵 精子 凍結 妊娠 出産

治療前に卵子や精子凍結、若年性がん患者の

記事を読む

no image

遺伝で乳癌卵巣癌 未発症 血縁者母親を亡くす 両乳房を予防的に切除アンジェリーナ

遺伝性癌 精密な検診を四国に住む女性58

記事を読む

no image

舌癌再発、再手術後の治療は?

質問 食事は流動食で体重が減少、再発は?

記事を読む

no image

前立腺がんホルモン療法で副作用がでたら抵抗が現れる心配

71歳男性です。 6年前、前立腺がんと

記事を読む

no image

直腸がんで肛門括約筋を温存で抗がん剤は?

直腸がん肛門温存治療後の抗がん剤は?

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑