転移のある腎がんの分子標的治療薬

公開日: : 最終更新日:2014/12/01 がん電話相談から 過去ログデータ

質問 転移のある腎がんの分子標的治療薬

60歳の夫は腎がんで肺に転移しているステージⅣと診断されました。
分子標的治療薬のスーテントによる治療を初めて半年後、肺の腫瘍は消えましたが、腎がんは変化がなく背骨に転移してきました。
背骨の転移には放射線治療を13回行いました。
主治医にスーテント以外の分子標的治療薬について尋ねたところ、「肺に効果があったのでスーテントは変えない方がいい」と言われました。

回答 別の薬剤に変更することも選択肢の一つ

現在、腎がんに対する分子標的治療薬はスーテント以外に5剤、全部で6剤あります。
スーテントでの治療が「副作用が強くて辛い」のでなければ、このまま継続することもあります。
しかし肺には効いていますが、今までなかった背骨に転移してしまいました。
骨転移はスーテントで抑えきれなかったということで、薬を変えてみることを考えてもいいでしょう。
その場合の薬として腫瘍縮小効果を持つインライタおよびヴォリエント、また、腫瘍を増大させない効果があるアフィにトールなどがあります。

質問 ひどい下痢

ひどい下痢で苦しんでいます。
インライタは副作用が強いのでしょうか?

回答 QOLの良い生活を送りましょう

インライタはスーテントと同じぐらい効果があって、副作用はスーテントより弱いように思えますが、実際には治療をしてみないとわからないところもあります。
下痢止めの薬を朝晩服用することを勧めます。
転移のある腎がんは根治の可能性が高くありません。
治療の目標はQOL(生活の質)の良い生活を送りながら、できるだけ長く病気とお付き合いしていただくことという場合が多いです。
スーテントで治療をしていて、骨転移が出てきたということで、治療を別の薬剤に変更することも選択肢の一つと思います。
またスーテントに戻すことも可能です。

平成26年11月25日癌電話相談より、回答には癌研有明病院の湯浅健・泌尿器科、癌分子標的治療・化学療法担当副部長があたりました。

関連記事

no image

子宮頸がんで25回の外照射のみだと根治できない

質問 子宮頸がんで25回の外照射のみだと

記事を読む

no image

肝内胆管がん術後CA19-9腫瘍マーカー高値、他の治療法

肝内胆管がんの手術後、腫瘍マーカーが高値

記事を読む

no image

白血球が少ないならティーエスワン。ジェムザール・アブラキサンが効かない場合

1年3ヶ月前にすい臓癌と診断されました。

記事を読む

no image

前立腺がんはPSAで経過を見続けるなら再検したほうがいい

質問 前立腺がんのPSA監視療法はいつま

記事を読む

no image

浸潤性乳管癌の硬癌と診断、温存手術後の化学療法

66歳の女性です。 3か月前に浸潤性乳

記事を読む

no image

首のしこりで悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞型B細胞リンパ腫

67歳女性です。 1か月半前に頸部、首

記事を読む

no image

胆管がん再発の治療法は抗がん剤以外で放射線療法や免疫療法

質問 67歳の母は2年前、胆管がん

記事を読む

no image

背中の痛みで甲状腺機能亢進症で甲状腺がん TSH

66歳の女性です。 3年前背中の痛みで

記事を読む

no image

肝炎 肝硬変 肝臓癌に進行の手術入院期間1週間治療法

肝炎から肝硬変、そして肝臓癌へと進行した

記事を読む

no image

肺腺癌は抗がん剤2剤併用療法を4クール、PD1は臨床試験中

68歳の男性です。 1年前、肺腺癌ステ

記事を読む

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑