前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。
前立せんがん全摘出後の尿失禁で苦しんでいます。
1年前PSA値7.5で生検を行い、16本中3本からがんが見つかり、前立せんがんと診断されました。
グリーソンスコアは3+3=6でした。
半年後、腹腔鏡で前立せんを全摘術を受け、術後半年たちましたが尿失禁で苦しんでいます。
最初の2か月間は排尿のコントロールはまったくできませんでした。

3か月過ぎたころから夜間には最大300㏄程度膀胱に尿が溜まるようになり、起き上がってトイレまで我慢できます。
しかし、昼間は紙おむつを使用しています。
このような状態で改善する見込みはあるのでしょうか?

回答 尿漏れ対策に尿を貯める訓練とは?

夜間は膀胱に尿がたまり、トイレまで我慢できるようになったということですので改善する可能性はありますし、訓練次第でよくなっていきます。
歩いたり走ったり、急に立ち上がったりするとき、肛門括約筋が緩みやすいので、意識して締めないとコントロールできません。
肛門括約筋の訓練は、肛門を締める体操を朝昼晩100回づつ、1日300回は行ってください。

加えて、夜間尿がたまったとき、トイレで中断訓練を2~3回行います。
これはなかなか有効です。

質問 手術は?

人工尿道括約筋手術は考えなくてもいいのでしょうか?

回答 肛門を締める尿を中断する訓練をしましょう

あと半年は肛門括約筋体操と尿を中断する訓練を頑張ってください。
さらに尿が漏れてもいいのでよく歩くこと。
歩きながら肛門を締める訓練を行うことです。
症状が重いので普通の人より時間がかかるかもしれません。

2年間ぐらいは改善していく可能性がありますので、諦めないで訓練してください。
人工尿道括約筋は必ず成功するとは限りませんし、100%止まるわけではありません。
逆に化膿して取り出さなくてはならないこともありますので慌てることはないでしょう。

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑