前立せんがん全摘出後の尿漏れは肛門を締める尿を中断する訓練

62才の男性です。
前立せんがん全摘出後の尿失禁で苦しんでいます。
1年前PSA値7.5で生検を行い、16本中3本からがんが見つかり、前立せんがんと診断されました。
グリーソンスコアは3+3=6でした。
半年後、腹腔鏡で前立せんを全摘術を受け、術後半年たちましたが尿失禁で苦しんでいます。
最初の2か月間は排尿のコントロールはまったくできませんでした。

3か月過ぎたころから夜間には最大300㏄程度膀胱に尿が溜まるようになり、起き上がってトイレまで我慢できます。
しかし、昼間は紙おむつを使用しています。
このような状態で改善する見込みはあるのでしょうか?

回答 尿漏れ対策に尿を貯める訓練とは?

夜間は膀胱に尿がたまり、トイレまで我慢できるようになったということですので改善する可能性はありますし、訓練次第でよくなっていきます。
歩いたり走ったり、急に立ち上がったりするとき、肛門括約筋が緩みやすいので、意識して締めないとコントロールできません。
肛門括約筋の訓練は、肛門を締める体操を朝昼晩100回づつ、1日300回は行ってください。

加えて、夜間尿がたまったとき、トイレで中断訓練を2~3回行います。
これはなかなか有効です。

質問 手術は?

人工尿道括約筋手術は考えなくてもいいのでしょうか?

回答 肛門を締める尿を中断する訓練をしましょう

あと半年は肛門括約筋体操と尿を中断する訓練を頑張ってください。
さらに尿が漏れてもいいのでよく歩くこと。
歩きながら肛門を締める訓練を行うことです。
症状が重いので普通の人より時間がかかるかもしれません。

2年間ぐらいは改善していく可能性がありますので、諦めないで訓練してください。
人工尿道括約筋は必ず成功するとは限りませんし、100%止まるわけではありません。
逆に化膿して取り出さなくてはならないこともありますので慌てることはないでしょう。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑