鼻づまりと鼻ポリープの症状、特徴、手術

鼻づまりと鼻ポリープは慢性副鼻腔炎によるもので、手術で治療します。
東京慈恵会医科大学 鴻信義 おうとりのぶよし 耳鼻咽喉科
NHKの今日の健康の感想です。

鼻ポリープは副鼻腔の粘膜が炎症を起こして腫れるもので
鼻ポリープは副鼻腔の粘膜が炎症を起こして腫れるもので、さわるとぶよぶよしキノコみたいな形をしています。
鼻たけについては、難病指定である好酸球性副鼻腔炎の特徴でもあります。このページでは鼻ポリープに絞って紹介します。
胃のポリープと違い、鼻のポリープは炎症なので癌になることはない
(最後に鼻癌と比較します)

副鼻腔は8箇所あり、自然口で繋がっています。
3ヶ月以上炎症が続く状態が慢性副鼻腔炎です。
ポリープはだんだん大きくなる。
アレルギー刺激がポリープを大きくすると言われています。

慢性副鼻腔炎の症状

●ねばねばした鼻水 鼻が詰まる
●鼻水がのどにへばりついた感じ
●においがわかりにくい
●頭の前が重い

大きくなった鼻ポリープは直らないのが特徴です。
症状は強くなります。

鼻ポリープ治療の流れ

最初は小さい。薬で治ることも期待できる。
薬剤(ステロイドスプレーや抗菌剤)で3~6ヶ月投与し、効果がない場合は手術になる。
初診時大きいと手術します。

鼻ポリープ手術

局所でも全身麻酔でも。
内視鏡で鼻ポリープや粘膜の除去を専用の細いはさみで切る。
たまった膿吸引 入院は一週間ぐらいです。

術後ケアが重要です

完治を目指すなら術後加療が重要です。
ポリープを切除すると、抵抗がないから、菌が付かないようにする必要がある。
●鼻うがいをする やや暖かい塩水 生理食塩水
●部屋の掃除
●湿度、温度の管理

その後の耳鼻科への通院

非好酸球性 | 好酸球性
かさぶた、分泌液の吸引、除去
マクロライド系| ロイコトリエン
  抗菌剤  |   拮抗薬など
   少量のステロイド
2~3ヶ月   |  6ヶ月~数年

鼻の中に悪性腫瘍ができることがある。

鼻ポリープと悪性腫瘍(がん)は違います。
形はでこぼこして血を帯びています。
鼻癌の典型的な特徴は鼻づまり鼻血、頬の痛み腫れです。