メニエール病の原因と特徴と治療法

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 耳鼻科、耳鼻咽喉科

国の特定疾患、難病に指定されているメニエール病は、耳の奥にある内耳の障害によって激しいめまいや難聴が起き、日常生活に支障をきたす病気。
病院にいっても、単なるめまいや、耳鳴りと判断されることも多い。
診断に時間がかかり、病状が悪化するケースもある。

メニエール病の名前の由来と特徴

めまい、耳鳴りを繰り返すメニエール病は発症の仕組みが未解明。
メニエール病は、約150年前に内耳の病変によるめまいを発見したフランス人医師にちなんで命名された。
めまいや難聴、耳鳴りが長期にわたって繰り返し起きるという特徴がある。
片耳の症状が多いものの、進行すれば両耳で発症するケースもある。

メニエール病の原因

リンパ液が蝸牛や前庭に溜まり、水ぶくれができるのが原因とされる。
だが、なぜ溜まるのかについては様々な説があり、確定していない。
ストレスや睡眠不足で悪化すると言われ、難聴は特に治りにくい。

メニエール病の治療法

初期治療ではストレスを減らす軽い運動のほか、体内の余分な水分を排出して水ぶくれを抑える為に利尿薬を試す。
病状が悪化すると、水ぶくれを切ってリンパ液が流れるようにする手術や、前庭の機能の一部を薬剤の注入で失わせ、
めまいを感じないようにする治療を行うことがある。
ただし、難聴が悪化するといった副作用の恐れがある。

合わせて読みたい:若い20代女性の原因がわからないめまいはメニエール病ではなかった

関連記事

no image

口呼吸を鼻呼吸にする方法,顔の筋肉

口呼吸だと喉が渇く。 通常、喉の粘膜濡

記事を読む

鼻ポリープは副鼻腔の粘膜が炎症を起こして腫れるもので

鼻づまりと鼻ポリープの症状、特徴、手術

鼻づまりと鼻ポリープは慢性副鼻腔炎による

記事を読む

no image

耳管狭窄症という病気の診断と治療

耳鳴り・耳詰まりが治らない。 48歳男

記事を読む

no image

のどが腫れて熱が出やすい原因

小さい頃からのどが腫れて熱が出やすい。

記事を読む

no image

微熱があり鼻づまりでも鼻水が出ない病気は膠原病の疑い

青っぱなのような水、微熱、鼻づまりなのに

記事を読む

no image

良性発作性頭位めまい症と訓練。みなと赤十字病院

めまいの救急は7割が耳鼻科で治る!

記事を読む

no image

大阪市立大学病院の詳しいメニエール病の説明

大阪市立大学病院(大阪市阿倍野区、天王寺

記事を読む

no image

花粉は加湿器の水分で下に落ちる、対策

日本医科大学附属病院 耳鼻咽喉科 後藤 

記事を読む

no image

鼻づまりを手術で治す 集中力低下 睡眠の質 匂い

鼻づまり、集中力低下、睡眠の質が落ちるが

記事を読む

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑