大阪市立大学病院の詳しいメニエール病の説明

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 耳鼻科、耳鼻咽喉科

大阪市立大学病院(大阪市阿倍野区、天王寺駅の近く)では、
最新のCTによる立体的な画像診断法を導入し、早期発見に力を入れている。

内耳の構造

内耳は、カタツムリのような形をしていて、音を感じる「蝸牛」、
重力や加速を感じる「前庭」、
体の回転を感じる「三半規管」
などの器官で構成される。
各器官の内部にはリンパ液が流れている。

内耳の球形のうの耳石がメニエール病の原因か?

大阪市立大学病院耳鼻咽喉科教授の山根先生は、メニエール病患者250人以上のCTを分析し、患者の内耳では「球形のう」と呼ばれる前庭の一部と、蝸牛とを繋ぐ細い管が太く変形しているという特徴を発見した。
この変形は、球形のうの内壁にくっついている炭酸カルシウムの血症(耳石)の一部が剥がれて管が詰まることで生じる。と山根先生は考えている。
その結果、内耳に水ぶくれができ、メニエール病を引き起こすと見られる。

大阪市立大学病院で賀ズ診断で判断できる

メニエール病の確実な治療法は見つかっていない。
早期発見できれば完治する可能性はある。
従来の診断では、めまいや難聴としった症状がはっきり確認できないと、メニエール病と結論付けるのは難しかった。
画像診断なら疑いのある段階で判断でき、早期治療も期待できる。

研究を始めた2000年代半ばでは内耳の骨の部分しか見えなかったが、現在は内部の組織まではっきり撮影できるようになった。

関連記事

no image

のどが腫れて熱が出やすい原因

小さい頃からのどが腫れて熱が出やすい。

記事を読む

no image

花粉は加湿器の水分で下に落ちる、対策

日本医科大学附属病院 耳鼻咽喉科 後藤 

記事を読む

no image

良性発作性頭位めまい症と訓練。みなと赤十字病院

めまいの救急は7割が耳鼻科で治る!

記事を読む

鼻ポリープは副鼻腔の粘膜が炎症を起こして腫れるもので

鼻づまりと鼻ポリープの症状、特徴、手術

鼻づまりと鼻ポリープは慢性副鼻腔炎による

記事を読む

no image

口呼吸を鼻呼吸にする方法,顔の筋肉

口呼吸だと喉が渇く。 通常、喉の粘膜濡

記事を読む

no image

メニエール病の原因と特徴と治療法

国の特定疾患、難病に指定されているメニエ

記事を読む

no image

鼻づまりを手術で治す 集中力低下 睡眠の質 匂い

鼻づまり、集中力低下、睡眠の質が落ちるが

記事を読む

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

no image

耳管狭窄症という病気の診断と治療

耳鳴り・耳詰まりが治らない。 48歳男

記事を読む

no image

微熱があり鼻づまりでも鼻水が出ない病気は膠原病の疑い

青っぱなのような水、微熱、鼻づまりなのに

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑