大阪市立大学病院の詳しいメニエール病の説明

公開日: : 最終更新日:2014/07/26 耳鼻科、耳鼻咽喉科

大阪市立大学病院(大阪市阿倍野区、天王寺駅の近く)では、
最新のCTによる立体的な画像診断法を導入し、早期発見に力を入れている。

内耳の構造

内耳は、カタツムリのような形をしていて、音を感じる「蝸牛」、
重力や加速を感じる「前庭」、
体の回転を感じる「三半規管」
などの器官で構成される。
各器官の内部にはリンパ液が流れている。

内耳の球形のうの耳石がメニエール病の原因か?

大阪市立大学病院耳鼻咽喉科教授の山根先生は、メニエール病患者250人以上のCTを分析し、患者の内耳では「球形のう」と呼ばれる前庭の一部と、蝸牛とを繋ぐ細い管が太く変形しているという特徴を発見した。
この変形は、球形のうの内壁にくっついている炭酸カルシウムの血症(耳石)の一部が剥がれて管が詰まることで生じる。と山根先生は考えている。
その結果、内耳に水ぶくれができ、メニエール病を引き起こすと見られる。

大阪市立大学病院で賀ズ診断で判断できる

メニエール病の確実な治療法は見つかっていない。
早期発見できれば完治する可能性はある。
従来の診断では、めまいや難聴としった症状がはっきり確認できないと、メニエール病と結論付けるのは難しかった。
画像診断なら疑いのある段階で判断でき、早期治療も期待できる。

研究を始めた2000年代半ばでは内耳の骨の部分しか見えなかったが、現在は内部の組織まではっきり撮影できるようになった。

関連記事

no image

微熱があり鼻づまりでも鼻水が出ない病気は膠原病の疑い

青っぱなのような水、微熱、鼻づまりなのに

記事を読む

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だか

記事を読む

no image

眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次

記事を読む

鼻ポリープは副鼻腔の粘膜が炎症を起こして腫れるもので

鼻づまりと鼻ポリープの症状、特徴、手術

鼻づまりと鼻ポリープは慢性副鼻腔炎による

記事を読む

no image

のどが腫れて熱が出やすい原因

小さい頃からのどが腫れて熱が出やすい。

記事を読む

no image

良性発作性頭位めまい症と訓練。みなと赤十字病院

めまいの救急は7割が耳鼻科で治る!

記事を読む

no image

耳管狭窄症という病気の診断と治療

耳鳴り・耳詰まりが治らない。 48歳男

記事を読む

no image

鼻づまりを手術で治す 集中力低下 睡眠の質 匂い

鼻づまり、集中力低下、睡眠の質が落ちるが

記事を読む

no image

メニエール病の原因と特徴と治療法

国の特定疾患、難病に指定されているメニエ

記事を読む

no image

口呼吸を鼻呼吸にする方法,顔の筋肉

口呼吸だと喉が渇く。 通常、喉の粘膜濡

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑